甘酒のアルコール度数は 妊婦や子供が飲んでもいいの?

甘酒は「酒」というぐらいだからお酒だよね?

 

大人が飲む分には大丈夫な人も多いでしょう。

甘酒1杯で真っ赤になってしまう人もいます。
体質的にアルコールに弱い人は、甘酒も受け付けないことも多いものです。

 

甘酒を飲んで運転しても大丈夫なものでしょうか?

またおいしい甘酒を子供にも飲ませてあげたいなと思います。
子供に甘酒を飲ませて大丈夫なものでしょうか?

妊娠中や授乳中の人は気にするべきなの?

考えるときりがないですね。
そんなふと疑問に思ったことについて調べてみましょう。

 

甘酒は飲酒運転になるのか?

amazake

甘酒の作り方は大きく分けて2通りあります。

 

米麹を発酵させてでんぷん質を糖化して甘くした甘酒
こちらにはアルコールは含まれていません。

味付けに酒粕を加えて作ったもの
こちらは少量ですがアルコールが入ってしまいます。
アルコール度数としては0.5%ほどになります。

 

自宅で作った甘酒なら、どちらなのかは分かりますよね?

買った甘酒はどうなんでしょう?
アルコールが入っているかどうかはその成分表を見れば分かります。
または、メーカーに問い合わせをしてもいいかもしれませんね。

 

お正月に甘酒がふるまわれている場合があります。
その場合は原料が何かわかりませんから、運転する人は飲まないほうがいいかもしれませんね。

 

0.5%といえども、アルコールは入っている

その人の体質などにもよりますが、このことは頭に入れておいてください。

ということで、結論は
アルコール分が入っている甘酒を飲んだら、運転しないほうが無難。

 

甘酒は妊婦や子供が飲んでも良いのか?

麹の甘酒はアルコールが入っていないので、妊婦でも子供が飲んでも大丈夫です。

酒粕の甘酒はアルコールが入っているので、気を付けないとなりません。

 

amazake2

 

このように、作られた原料によって飲んでもいい甘酒と飲んではいけない甘酒があります。
成分表などを見て気をつけて飲むとよいでしょう。

子供の場合にはお正月なんだから。と甘酒を飲ませる人もいるかもしれません。
その場合には、麹の甘酒を飲ませるようにしましょう。
もちろん、アルコールの入ったものはNGです。

 

まとめ

飲酒運転になるかならないかは、計測してアルコール度数が違反になればOUT!
どちらの甘酒なのか分からない場合は、運転しない。

またアルコールを受け付けない体質の人もいますね。
そういった人は、甘酒でもアルコールの入ったものは飲まないようにしたほうがいいと思います。

子供も大人が甘酒を飲んでいると飲みたがります。
麹で作った甘酒なら飲ませても大丈夫でしょう。
甘酒といっても作り方や成分がちがうので、一概にはいいとも悪いとも言えないのです。

 

関連記事
甘酒の効果がすごすぎ。これは女性は飲まなきゃ損!

-
-