家庭

赤ちゃんの発熱は38度を超えたら命の危険も!?元気に見えても要注意!

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの熱が38度。病院に行くべきか・・

 

赤ちゃんが発熱すると、
お母さんはすぐ病院に連れていくべきか、
様子を見るべきか迷いますよね。

熱は38度ぐらいあるけれど、
機嫌も悪くないしすごく元気そう。

だけど熱は高いから、
どこかが悪いのだろうけれど、
このまま様子を見ようか。

 

それとも、それとも・・・。

とにかく悩んじゃいますよね。

 

そこで赤ちゃんが発熱した時に
注意すべき点をご紹介します。

覚えておいていざという時に
的確に動くようにしましょう。

 

 

赤ちゃんの平熱を知っておこう!

 

赤ちゃんは大人と違い、
体温調節ができないため
平熱が少し高めです。

平熱が37℃ぐらいの子が多いですので、
体温計で測ると37℃あるから熱が出た!
というわけではありません。

普段からこまめに体温を計って、
赤ちゃんの平熱を知っておくことも大事です。

 

赤ちゃんは短時間で
体温が急激に変化します。

1日4回程度、体温計で測って、
どのように体温が変化するかを
把握しておきましょう。

 

赤ちゃんは少しの発熱でも危険!大人とは違う後遺症も…

 

赤ちゃんの平熱は大人より少し高めですので、
発熱しているかどうかのボーダーラインは
37.5℃と言われています。

38℃でも、元気で食事やミルクを飲むようなら
様子を見てからでも大丈夫です。

 

赤ちゃんは自分で体温調節ができず、
汗腺もまだ完全ではなく、
汗をかくこともできません。

ですので服を着すぎている、
布団が暑いなどでも
体温が上昇する場合もあります。

 

眠い時にも体温が上がる場合もあります。

状況をよく見極めて、
対処してからでも大丈夫な時もあります。

 

しかし、3か月未満の子は、
38℃で元気だったとしても
病院に連れて行くようにしましょう。

 

熱だけではなく様子はどうですか?

1歳未満の子で、
熱は37.5℃ぐらいだけど、
・ぐったりしている
・反応がない、
・機嫌が悪い
という時は、なにかしらの
病気の可能性があります。

ですので、なるべく早めに
病院に行きましょう。

 

熱が出ると脱水症状も起こりやすいので、
水分は十分に与えておしっこが
ちゃんと出ているかも確認しましょう。

 

病院に行った時にも的確に説明できるように、
・一日の熱の変化は?
・嘔吐や下痢をしていないか?
・反応の有無
などを細かくメモしておきましょう。

 

4か月以降は病気がちに

赤ちゃんは母親からの
免疫力が切れてくる4か月以降ぐらいから、
いろんな病気にかかる可能性があります。

風邪やインフルエンザ、おたふくかぜ、
はしか、風疹などでも熱が出る時もあります。

脳炎や髄膜炎など重篤な病気の時にも
高い熱が出る時があります。

赤ちゃんは話せませんので、
自己判断は厳禁です。

心配なら病院に連れていくか、
保健所などに電話で相談してみるのも
一つの方法です。

 

 

元気でも突然激変するかも!?危険な兆候を見逃さないように!

 

「とりあえず熱はあるけど元気そうだしと様子を見よう」

と寝かせていて、

「次に見た時には急変していた」

ということも考えられます。

 

脱水症状で意識障害を起こす、
ということも考えられます。

 

熱があるということは何らかの
原因があるわけですから、
目を離さずこまめに体温を計って、
体調の変化に気を付けましょう。

高熱でけいれんを起こすことも
ありますので油断はできません。

 

熱があっても元気そうな場合

元気そうで食事もとってくれて、
おしっこも出ているし、
意識もはっきりしている。

という場合は、とりあえずわきの下や
首周りを冷やすようにして
熱を下げるようにしてみましょう。

 

汗もかきにくいので、
濡れタオルで身体を拭いてあげて
肌着もこまめに着替えさせます。

 

赤ちゃん自身は元気だったとしても、
熱のある時は、外出はなるべく避けましょう。

外の刺激で興奮して熱が
上がってしまう場合もあります。

 

まとめ

 

赤ちゃんに
熱があった場合の対処法としては、

・元気そうなら水分をこまめに与えて、
・静かに過ごさせて、
・体温をこまめに測り、
・様子をよく見てメモする
というようにします。

 

39℃以上になったり、
ぐったりするようなら
夜中でも躊躇せずに病院に
連れて行くようにしましょう。

赤ちゃんと言えど、一人一人違う人間。

ですので、体格、体質、環境、
いろんな条件が違いますので、
様子をよく観察して
的確に動くようにしましょう。

 

-家庭
-