生活お役立ち

書きやすいボールペンは太さで変わる!おすすめをレビューするよ

スポンサーリンク

 

『安いのに書きやすい!実用性重視のおすすめボールペンランキング』

ボールペン

 

最近ではPCばかりで、字を書くことが少なくなったんじゃ?

でも、年賀状だったり履歴書だったり、仕事でだったり。

まったく書かないで済むという事はないよね?

 

今ではカワイイ文具やひと工夫された便利な文具が主流!

ボールペンひとつとっても、キャラものだけではなくカラフルになっていたり

キラキラが入っていたりストーンやキーホルダーがついていたり

とアクセサリー感覚のボールペンまであるよね。

 

そんな中、真の文具ファンが、ただただ実用性を重視したちっとも可愛くないけど

とっても書きやすいボールペンをランキング形式にしてみました。

 

 

no3

uni(三菱鉛筆) ベリー楽ノック1.0

Lacnock

hp:http://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/

100円~

 

uni ベリー楽ノック1.0、第3位としてあげちゃったけど、本当は1位にしてもいいぐらいにとにかく書きやすい!

 

太さにも注目して欲しいんだけど、わざわざ1.0って書いたのはとにかくこの太さがいいからなんだよね。

0.5、0.7、1.0とかボールペンの太さには本当に細かい違いがあって、そんなわずかな違いで何か変わるの?

と思うだろうけどこれが全然違うの!

ボールペンの種類ごとにそれぞれのよさが生かせる太さがあると思うんだけど、uni Lacnockに関しては1.0が最高だね。

 

まずは書き心地。

スーッと滑らかに書けるものやサッとシャープに書けるものもある中で、このぬめっとした書き心地が最高!

そうだなぁ、イメージとしてはぬめっとした書き心地の代表格としてはクレヨンだと思うんだけど、クレヨンのように引っかかることはもちろんないの。

だから例えるならクレパスのような感じのぬめっと感かな。

 

そして1.0ならではなのか、uniならではなのか、この濃さがまた、たまらないの。

力を入れなくても力強く書いたのかと思うような濃さは、書類に名前を書く時などにいいかも☆

 

no2

ZEBRA タプリクリップ Tapliclip0.7

Tapliclip

hp:http://www.zebra.co.jp/pro/tapliclip/

100円~

 

ZEBRA Tapliclip0.7も第1位なんだよ、もう本当は紹介するの全部1位なの(笑)

 

このボールペンの最大の特徴はなんといっても「クリップ」でしょう!

 

通常のボールペンにもクリップのようなはさめるシステムはついているけれど

これはガチでクリップのようにバネがあって、つまんで広げて離してはさめるボールペン。

とにかくはさみやすいから、宅配業者さんで愛用されている方もたくさんいそう。

 

そしてどこか懐かしさすら感じさせる確かな書きごこち。

「あ、ボールペンといえばこれこれ」という感じ。

 

ぬめっと感や滑らかさよりもシャープにササッと書ける。

複写式の領収書や、何か事務的書類などにはこれ以上無いってくらいにぴったり。

 

0.7を選んだのにも理由があって、ちょうどいい太さがこのボールペンの魅力を最大限に引き出してくれると思う。

力強く書きたい人にも安心感がある。

 

ほどよい固さが感じられるし、限りなくシャープに0.5寄りに書きたい人にも良い。

1.0レベルの濃さを求めているけれど、ぬめっとした太さはいらないんだよね。

という人にも本当にぴったり♪

 

 

それでは、書きやすいボールペンランキング第一位の発表!

やっぱりなのか、以外なのか!?

 

 

no1

uni(三菱鉛筆) ジェットストリーム スタンダード 0.5

ジェットストリーム

hp:http://www.mpuni.co.jp/products/ballpoint_pens/

150円~

 

結局これが1位ですか、と言いたくなるほど。

今ではもう超有名になってしまったジェットストリームが堂々の第1位。

 

逆に1位にこれをもってきてしまってごめんね。

と言いたくなっちゃうほど、知らない人はいないのではないかというボールペンだよね。

 

これを初めて使った時の感動と衝撃は忘れられない。

あまりにも滑らかで、あまりにも心地よい書き心地。

ボールペン大好き人間が言うのだから間違いないと思う。

 

他にも0.7の3色ボールペンも使っていて、こちらも最高に書き心地がよくて3色だから使い勝手もいい。

0.7はジェットストリームの滑らかさがありつつのぬめっと感もあるから、むしろ0.7が真の1位と言っても過言ではないのだけど・・

ここはあえて0.5をプッシュしたいの。

 

0.5は極限のシャープさを保ちながら、このシャープさからはありえないほどの滑らかさを実現しているの。

0.38もあるから「究極のシャープさ」といったらそっちになるけれど、この究極までいかない極限のシャープさがとにかく書きやすい。

 

どこにでも、例えば小さい文字を書かないといけない場合や細い場所に何かを書きたいとき。

このありえないほどの滑らかさで、思うがままの文字やイラストがストレスなく書ける。

本当に素晴らしいボールペンだ!

 

matome

どんな紙に書きたいのか、どんな大きさで書きたいのかで使いたいボールペンは違うよね。

今回はしっかりレビューしたので参考にしてみてね。

いっても100~150円くらいのものなので全部買ってもいいかも(笑)

 

スポンサーリンク


-生活お役立ち
-