家庭

母乳に良い食べ物 そんなの影響ないと思っていませんか?

良質な母乳をつくるための食材一覧表!

 

母乳が出てくれて感謝!

だけど、代わりは誰もいないのでパパにも頼れず眠れない日々が続きます。

お母さんの体調が良くないと、母乳の出もあまり良くなくなってしまう事もありますよね。

 

お姑さんや、実母からあれは食べちゃダメよ。。

と言われてストレスが溜まっているお母さんも多いのではないでしょうか?

 

どんな食べ物なら食べて良いのか、悪いのか理解するだけでも、赤ちゃんのために!と頑張れるかもしれませんよね!

今妊娠中の方も、これから子供が欲しい!と思っている方も。

授乳育児真っ只中!というお母さんに、母乳に良い食べ物を一覧にしてご紹介します!

 

母乳は何からできている?

bonyu

そもそも母乳は、お母さんの血液から出来ています。

血液が母乳になるなんて、女性の身体は神秘的ですよね。

 

血液量を増やし、血液がサラサラになる食材を選んでいきたいところです。

まず始めてほしいのは、水分をしっかり摂ること。

バタバタとした毎日で、水分を摂ることを忘れていませんか?

飲み物だと摂りにくいという方は、食事に水分の多いものを選びましょう!

 

母乳を作る!食べると良い食材

母乳を作る!基本は和食中心!

世界文化遺産にもなった、日本食。
日本食は、ダイエットにも妊婦さんにも、もちろん子育て中のお母さんにもいい影響を与えてくれます。

 

穀物類
白米、うどん、そば、にゅう麺

主食は白米にしましょう!
うどんやそばなどはそのままではあまり栄養もないので、野菜をたっぷりと入れると良いと思いますよ!

 

肉魚類
鶏ムネ肉、白身魚

ヘルシーなムネ肉を使って、トマトソース煮込みなんかもいいですよね!

 

海藻類
わかめ、昆布、ひじき、もずく

ひじきは、鉄分も豊富ですから、母乳にとても良いです!
味付けは薄めにすることがポイント!

 

野菜、果物
根菜類、葉菜類、糖質の少ないくだもの

メロンや梨は、糖質が低めな上に、食物繊維が豊富なので、便秘解消効果も期待できます!

 

飲み物
番茶、ほうじ茶、麦茶、ハーブティー、カフェインレスの紅茶やコーヒー

麦茶は体を冷やすという効果もあるので、飲むなら番茶やほうじ茶の方がいいですね。

 

たんぽぽ茶って知ってますか?
たんぽぽの根っこは母乳の出を良くする漢方としては有名です。

わたしはこのお店のたんぽぽ茶を飲んでしました。

同時に鉄分やビタミンが取れるし、黒豆の香ばしい香りでゴクゴク飲めちゃいます。

 

もうひとつ。母乳に良いのが小豆。

小豆で作られた【母なるおめぐ実】もおすすめです。

こちらはたくさんの雑誌でも紹介されていますよ。

 

とにかく本当に水分はたくさんとった方がイイですよ!

 

葉酸

良い母乳を作るために葉酸を採ることは重要です。

母子手帳に書かれているくらいなので「妊娠中には葉酸」は有名ですが、授乳中にも葉酸を摂取することは重要なんです。

上でも書きましたが、母乳の元になるのは血液ですし、その赤血球を作るために葉酸は欠かせない存在です。

ただ、食事から摂取するには絶対量が足りません。

 

厚生労働省も食事に加えてサプリメントで効率的に採ることをすすめています。

必要量の400μgを採るためには、たまひよでも取り上げられているベルタ葉酸サプリがおすすめです。

 

 

母乳のためにあまり食べないほうが良い食材

baby (2)

穀物
赤飯、玄米、おもち、パン類

パン類は大量のバターやら防腐剤など様々なものが入っていて、乳腺炎になりやすいので注意です!

 

肉魚類
牛肉、豚肉、鶏もも肉、魚卵類、生魚

お肉類は食べないと元気が出ませんよね。
脂身をカットし、ストレスのないように工夫していきましょう!

 

野菜、果物
たけのこなどアクの強い野菜、夏野菜、糖質の高い果物

夏野菜は体を冷やす効果があるので、食べるなら生で食べずに火を通してから食べるのをオススメします!

 

油もの
からあげ、天ぷら、フライ、洋菓子、和菓子、ピーナッツ

たまには油ものも食べたいですよね。
使い古した油は酸化をしていることもあるのてもあるので、必ず毎回油を替えましょう!

 

飲み物類
コーヒー、紅茶、乳製品、サイダー類、ジュース、お酒、アイスクリーム

100パーセント果汁のジュースならいいか!

と思われがちですが、とっても甘〜くなってますので、くれぐれも飲みすぎないように注意ですよ!

 

ザッとあげると、ダメな物多いな〜と思ってしまいますね。

美味しいものは危険がいっぱいです。

それは中毒のようなものですから、赤ちゃんのことを思って今は控えましょう!

 

絶対ダメ!ではないですよ。
たまに、少しだけならいいのです。

そこでストレスを溜めてしまうと、育児にイライラしがちになってしまいます。

我慢ばかりせず、たまにはチョコレート1つつまんで自分にご褒美をあげて下さいね!

 

母乳の質が悪くなるような食事をすると、赤ちゃんが飲むのは母乳の味が変わってきます。

お腹が空いているのに、苦いおっぱいは飲みたくないですよね。

おっぱいを飲んでくれない悩んでいるお母さんも、食事を見直してみてはいかがでしょうか?

 

-家庭
-