家庭

お風呂掃除イヤだな…でもこれなら毎日できる!簡単にできる方法

スポンサーリンク

 

お掃除には色々ありますが、
あなたはお風呂掃除は好きですか?

 

他の掃除に比べて重労働なお風呂掃除は
苦手、嫌いと思っている方も多いかもしれません。

座ったり立ったりの繰り返しで、
一気に掃除をやろうとすると
15分〜20分くらいは掛かってしまいますよね。

 

バスタブを磨いたり、床をブラシでゴシゴシしたり
天井の掃除で首が痛くなったり…なかなかの重労働です。

お風呂掃除が嫌いでも、
家族のためにもやらざるを得ない主婦の仕事…。

そんなイヤ〜なお風呂掃除が毎日できるようになる
簡単なお掃除方法をご紹介します。

 

 

お風呂掃除を毎日している人ってどのくらいいるの?

 

お風呂掃除が苦手な人が多い中、
毎日こまめに掃除している人もいるんです。

毎日あの重労働をするなんて大変…
私には無理と思ってしまうかもしれません。

 

あるデータによると4人に1人は
毎日お風呂掃除をしているそうです。

もし4人家族だったら、家族の中に1人は
毎日お風呂掃除をしてくれる人がいるんじゃないかと
ポジティブな妄想をしてしまいますが…
決してそういうワケではありません…笑

 

毎日お風呂を掃除するなんて大変と思うかもしれませんが
一度始めてしまえば、汚れを溜め込まないおかげで
掃除がとってもラクになることが分かります。

それではどうすれば毎日お風呂掃除ができるようになるのか。

実は毎日お風呂を掃除している人は
「ながら掃除」をしているんです!

「ながら掃除」とは一体どういうものなのかご紹介します。

 

 

あくまでも「ついで」という感覚がお風呂掃除のコツ!

 

「ながら◯◯」という言葉は聞いたことがあると思います。

テレビを見ながらダイエットする、
「ながらダイエット」など何かをしながら行動するもの。

 

毎日お風呂掃除をするには
「お風呂に入りながら掃除する」です。

 

ほとんどの人は毎日お風呂に入りますよね。

毎日絶対する行動に、お掃除をくっつけてしまえば
あくまでも「ついで」という感覚で掃除に取り組めちゃうんです。

 

毎日こまめに掃除することで、お風呂をキレイに保てますし
汚れを溜め込まないことで一回のお掃除がラクになります。

お風呂に入ると、お風呂全体の温度も上がり
汚れが落としやすい状態になります。

これもお風呂に入りながら掃除することで
得られるメリットですね。

 

ながら風呂掃除の方法

その1

まずお風呂から上がったら、浴槽の水を抜いている間に
シャワーで壁や床の汚れを流しましょう。

それから、カビが繁殖しやすいシャンプーや
ボディソープなどのボトル類の底面を
シャワーで洗い流します。

 

その2

その間に浴槽の水が減ってくるので、スポンジでこすります。

お湯がはってあった浴槽は温まっているので汚れが落ちやすい
のも良いところです。

まだ温かいうちにスポンジで磨けば洗剤を使わなくても
汚れを落とすことができます。

排水溝のゴミを捨てるのもお忘れなく。

 

その3

そして冷水のシャワーを全体にかけていきます。

暖かい浴室に冷水シャワーをかけることで
温度が下がって乾燥しやすくなります。

 

最後にスクイージー(水取りワイパー)で壁などの水滴をとります。

これならお風呂に入るついでにできちゃいますね。

 

あとは週に何回か排水溝を掃除したり、天井を掃除すれば
カビとは無縁のお風呂が手に入れられるかもしれません。

 

日中にお風呂掃除をしようとすると、服に水がついたり
洗剤が飛んだりして気になりますが
お風呂に入る時ならそれを気にする必要もないですね。

また、お風呂の床に物をたくさん置いている人は
できるだけ「かけて収納」して床に置かないようにすると
掃除する時に物を移動する手間がなくなって楽ですよ!

 

まとめ

 

毎日お風呂掃除を続けることって、初めての人には
とても大変そうに聞こえると思います。

でも汚れを溜め込んでしまい、
排水溝を素手で触れないほど汚してしまったら
それをキレイにするためには
すごい時間がかかってしまいますよね。

しかもブラシでこすったくらいじゃ細かいところの
汚れは落ちません…。

お風呂に入りながらの掃除を一度始めると、
キレイな状態が当たり前になって、
毎日気持ちよくお風呂に入れます。

ぜひ試してみてくださいね。

-家庭
-