キクラゲにはアンチエイジングに効く成分が!?その驚くべき効能とは

スポンサーリンク

 

アンチエイジングに効く食材って色々あるけど

 

年を重ねてくると、
今までの自分とは
すこし違ってきますよね。

20代のころには気にならなかった
お肌のトラブル、ありませんか?

 

そうでなくても、健康診断に
引っかかってしまったりして、
お医者さんから注意をされたりして、
何かと体の不調が気になってきます・・

 

そんなあなたに

おススメの食材のひとつが『キクラゲ』。

 

え?あのよく細切りになっている、
ちょっと気持ち悪い食材?

なんて思ったアナタ!

キクラゲって、女性に嬉しい
栄養いっぱいなんですよ!

 

 

血流を浄化し老化防止に役立つキクラゲの栄養とは

 

キクラゲの効用として
血液をサラサラにしてくれる
という作用があります。

また、鉄分も豊富なので
血自体が浄化されます。

なので、体中の血流がよくなり、
血栓や高血圧の予防のみならず、

血が全身にいきわたることで
冷え性の改善や疲労になりにくい、
新陳代謝も上がってダイエット効果も
期待できるのです。

 

キクラゲのエルゴステロール

またキクラゲには
エルゴステロールという物質が
とっても豊富に含まれています。

エルゴステロールは
ビタミンDの素になる物質なのですが、
このビタミンDは、カルシウムの吸収を
助けてくれる働きがありますので、
骨粗しょう症の予防にも効果的です。

 

最近の研究結果では、
このエルゴステロールが、
がん細胞の増殖を抑える働きがある、
ということが分かっています。

 

キクラゲのカルシウム

しかも、キクラゲ自体にも
カルシウムが含まれています。

キクラゲを食べるという事は
骨を強くするうえでとても有用なのです。

骨密度が気になってくる40代後半から、
積極的に摂取したいですね。

 

キクラゲの食物繊維

それだけでなく、食物繊維
豊富な食材です。

キクラゲに含まれている食物繊維は、
水に溶けない『不溶性食物繊維』。

腸の中でいらない老廃物をからめとって
体外に排出するのを助けてくれます。

 

キクラゲはダイエットにもいい!

 

満腹感も伴うので、ダイエットには最適!

しかもキクラゲ自体のカロリーは
100グラム当たり13~4kcal前後。

信じられないくらいに
低カロリーなんですよ!

 

キクラゲを丸のまま食べるのは
なかなか大変。

ですから例えば中華スープや、
同じく低カロリーで
食物繊維が多い春雨と組み合わせて
中華風サラダなどにして食べると
無理なくおいしく食べられますね。

 

 

生より乾燥キクラゲをお勧めする2つの理由

 

一口にキクラゲと言っても、
主に二つの状態で売られています。

生と、乾燥キクラゲの状態です。

どちらもそれぞれ
いいところがあるのですが、
ここでは乾燥キクラゲの
メリットについてご紹介します。

 

乾燥キクラゲは保存がきく

生の状態でも腐りやすい
というわけではありません。

ですがやはり乾燥していると
一年ほどもつので、
このメリットは大きいですよね。

特にキクラゲはキャベツやニンジンのように
毎日大量に消費できるかと聞かれたらなかなか…

というのが本当のところでは
ないでしょうか。

毎日適量少しずつ
食事に取り入れようと思うなら、
日持ちがする乾燥キクラゲが
より適していると言えるでしょう。

 

乾燥キクラゲの栄養面

上記でもご紹介しましたがキクラゲには
カルシウムを吸収するのを助けてくれる
ビタミンDの素の『エルゴステロール』が
含まれています。

このエルゴステロールが
ビタミンDに変わるには、
日光を浴びる必要があるのです。

乾燥キクラゲは、その作られる過程で
日光にさらされていますから、
効率の良いビタミンDの摂取が
可能になります。

また、一度乾燥させることで
硬い細胞壁が壊され、
細胞の栄養が吸収しやすい
というメリットもあるのです。

 

まとめ

いつもはサラダやラーメンのわき役で、
食感しかいいところがないんじゃ?

なんて思われがちなキクラゲ。

ですが意外にもとても栄養価の高い、
美容と健康にいい食材なんですね。

毎日の食事にうまく取り入れて、
体の中からキレイになりましょう!

 

-
-