注目News

デング熱2015 世界の状況は?フランスのワクチンはどうなったか

スポンサーリンク

2014年は、70年ぶりにデング熱の感染が確認され、国内感染は162人でした。

この記事で書いた通り
デング熱2015 もう日本で流行り始めている ワクチンや治療薬は?

 

2014年の5月の前半で確認された感染者数は54人。

そして

2015年の5月の前半で確認された感染者数は80人。

 

 

昨年よりも感染者数が多くなっています。

現在の、世界での感染者数はどのくらいなのでしょう?

上の記事に書いてある、フランスの製薬会社のワクチンの状況も調べました。

 

 

世界のデング熱患者数

ka4

中国
2015年4月30日現在、月別で20人

マレーシア
2015年5月23日現在、45,070人
2014年の同時期と比較して35%上昇

フィリピン
2015年5月2日現在、死亡者65人を含む24,075人

シンガポール
2015年5月23日現在、3,130人

カンボジア
2015年5月12日現在、死亡者1人を含む704人

ラオス
2015年5月22日現在、261人

ベトナム
2015年5月17日現在、死亡者10人を含む11,389人

オーストラリア
2015年4月30日現在、831人

フランス領ポリネシア
2015年5月19日~24日で、28人
国によって発表の仕方が異なりますが、昨年よりも同等か多少多いようです。

が!

マレーシアの感染者数は断トツで多く、しかも昨年よりも早いペースのようです。

 

 

ワクチンの状況はどうなのか      

デング熱2015ワクチンや治療薬は?

で書いた、フランスの製薬会社サノフィパスツールがデング熱初のワクチンを開発しました。

 

デング熱感染者の多い地域、マレーシアを含む東南アジアと中南米で31,000人の患者を対象に臨床試験を行ってきましたた。

 

特に深刻な問題になっているマレーシアは、これに期待していました。

が・・。

 

マレーシアの保健省スブラマニアム大臣が発表をしています。

「デング熱ワクチンの臨床試験は終了し、製薬会社は薬の認可を求めているが、調査結果は広範囲のデングウイルスに対する使用には、十分なものでなかった。我々のデング熱ワクチンの調査は振り出しに戻った。」

「この報告は、このワクチンがデングウイルス1型、3型、4型には高い有効性を示したが、
アジアで最も認められる2型に対しての有効性が34.7%と低い結果であったためとみられる。」

「我々は、この問題の解決について、先進国を頼りにしてはならない。マレーシアは自国の問題解決のため、臨床研究調査の向上を図らなければならない。」

つまり、デング熱にもいろいろなタイプがあるが、最も多いタイプの有効性が低いという事ですね。

 

10歳未満の男児がデング熱感染

新潟県に住む男の子がデング熱に感染しました。

家族と東南アジアに滞在歴していて、帰国後、発熱や頭痛などの症状が出ました。

その後、医療機関を受診して、デング熱と診断されたそうです。

特に、海外渡航の方は注意が必要ですね。

 

ともあれ、蚊に刺されないようにすることが一番の防御法。

長袖長ズボン、虫よけスプレー、虫よけマット。

防虫素材「スコーロン」で作られた衣服もあります。

試してみるのも良いかもしれませんね。

それよりなにより、蚊を発生させないように、家の周りに水が溜まっていそうな所を無くしましょう。

 

関連記事:

デング熱2015日本の状況

蚊に刺されやすい血液型と対策

蚊取り線香 煙式、リキッド式で効果があるのは?費用の比較も

-注目News
-,