ドミニクチェンのプロフィール 何人です?フランス人です

スポンサーリンク

IT起業家と称されるドミニクチェンさん。

 

名前から察すると台湾の方?

それにしては、日本がペラペラ。

 

フリーカルチャーという言葉と共に紹介されることも多いですが、

フリーカルチャーって何でしょう。

気になるドミニクチェンさんについて調べてみました。

dominic

 

ドミニクチェン プロフィール

 

1981年の東京生まれで、フランス国籍。

お父さんが、ベトナム出身の台湾人で、後にフランス国籍を取得したのだそうです。

 

フランスは日本と同じで「血統主義」なので、両親のどちらかがフランス人ならフランス国籍ですね。

「血統主義」について知りたい方は↓
飛行機で産まれた子供はどこの国籍になるのか

 

ドミニクチェンさんも、10代の頃はフランスで生活していました。

中学、高校はフランスの学校。大学はUCLA。

ということで、日本語、フランス語、英語は堪能なんです。
(中国語は話せないそうです)

 

結婚はされているようで、最近お子さんが産まれたようですね。

 

・カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)卒業
・東京大学大学院学際情報学府修士課程修了
・東京大学院博士課程修了(学府長賞受賞)。博士(学際情報学)

なんだか想像もつかないような経歴。研究者ということで、よろしいのでしょうか?

 

生まれ故郷の日本へ帰った来た理由

 

作家の村上隆さんの影響が大きかったそうです。

murakami

 

村上隆さんが主宰していた「芸術道場」というBBSの影響を受け、「創作は面白い」と。

この道場に、何本も論文を書いて出したそうです。

 

自分の中に眠っているクリエイティビティに、気づいたんでしょう。

またそれを実行して、形にできることが常人ではとても・・

こういう事もあって、日本で仕事がしたいと決意したんですね。

 

 

クリエイティブコモンズ

 

現在は、NPO法人のクリエイティブ・コモンズ・ジャパン理事。

何をしている会社なのでしょう?

著書に↓がありますね。
「フリーカルチャーをつくるためのガイドブック」

 

フリーカルチャーとは??

ドミニクチェンさんの言葉によると

音楽・絵画・エンタテイメント作品の二次使用に制限をかける「著作権」の考え方を拡張する新しい仕組みです。
こういうことを「売上が落ちるじゃないか」と嫌がる出版社が多かったんです。
権利を守ることで誰にも読まれない状況になってしまうより、
権利を少し開放することで、より多くの人に自分の作品が届くことを選んだわけです。

 

特に音楽業界や出版業界では、著作権がガチガチに固められています。

もちろん、作者側から見れば至極当然の話ですが。

フリー=無料という単純な考え方で片づけられる問題ではなく、新しい取り組みと可能性に挑戦しているようです。

興味がある方は、著書を読んでみては?

-
-