ホビー

オーディオテクニカのイヤホンを評価~おすすめランキング!

スポンサーリンク

 

『高音質イヤホンを買ってみたいんだけど、どれがおすすめ?』

livehouse

 

通学や通勤途中、休憩時間や待ち合わせ中といった外出中に音楽を楽しんでいる人は多いですよね。

今や持っていない人を探すほうが難しいほど、スマホやデジタルオーディオプレイヤーは浸透しています。

 

もうちょっといいイヤホンを買ってみようかな~

と思っているあなた!

 

それに付属しているイヤホンや、数千円のイヤホンを使っていたんですね?

ナイス選択!、ようこそ高音質の世界へ(笑)

 

実は私も前は

「イヤホンが違うだけで、そんなに音の聴こえ方が違うのか??」

と思っていました。

 

しかし!180度変わりました・・

はっきり言って、「いいイヤホン」を使うと人生が変わります。

 

は言い過ぎですが・・

苦痛の満員電車に乗っていても、目を閉じて聴いていると現実から逃避できます。(笑)

 

ということで、おすすめしたい高音質のイヤホンをランキングで紹介します。

 

全て「オーディオテクニカ」(オーテク)製のカナル式のイヤホンです。

ソニーほど有名ではないかもしれませんが、オーディオマニア御用達のメーカーですよ。

 

 

no3

オーディオテクニカ ATH-CKR7

ATH-CKR7-1

出典:https://www.audio-technica.co.jp

 

多くのシリーズをラインナップしているオーディオテクニカの中で、近年フルモデルチェンジをしたこのシリーズは、

見た目や性能が格段とアップしました。

古くからの愛用者も安心して買い替えが出来ることがポイント!

 

今回オススメするATH-CKR7も新設計の大型ドライバーが採用されてて、無理のない豊かな音が楽しめちゃうんです。

 

スペックを見ると再生周波数帯域が5ヘルツからとなっていますが、

使ってみた感じではそれなりに納得できる低音を楽しめました。

高音は少し伸びが足りないかな~。

 

ハウジングには異なる素材を用いていて、音がにごる原因になる不要な振動を抑えることに成功しているのもイイですよね。

 

ATH-CKR7-2

出典:https://www.audio-technica.co.jp

着け心地ですが、一般的なカナル型が採用されてますし、サイズ違いのピースが4つ同梱されてます。

これでどんな型にも問題なくフィットするはずです。

 

スマートフォンやipodとも相性が良く、毎日気軽に使えるものになってます。

デザインもおしゃれで音の解像度も高いこのモデルは、定価¥15000で実売価格は¥8000台

 

1万円を切る価格で、オーテク入門機としてはピッタリの商品です。

 

 

no2

オーディオテクニカ SOLID BASS ATH-CKS1100

ATH-CKS1100-1

出典:https://www.audio-technica.co.jp

 

SOLID BASSシリーズという人気シリーズのハイレゾ再生対応モデルです。

 

このモデルはなんといっても2つのドライバーを対向配置し、十分な低音と高い解像度の両立に成功していること。

 

普通の低音重視のイヤホンは、その特徴ゆえに音域が狭くなりがちでした。

一番の売りである低音自体もボヤけてしまうといった本末転倒な事も・・

 

しかし!

SOLID BASSは、単純に低音をブーストしたようなものじゃなくロー稼動域を広げているから、

ワイドレンジにおいても十分余裕のある低音を響かせてくれるんです。

 

中音域や高音域でもハッキリと聞き取れるように設定されていて、音がボヤけるといったこともなし。

再生周波数帯域は5ヘルツから40キロヘルツで、ハイレゾ再生にも十分過ぎるスペックを持っています。

音量を上げても音の厚みはそのままで決して割れたりひずんだりすることもナシ。

 

・SOLID BASSの持ち味の重低音
・ハイレゾの解像度

これが見事に融合しています。見事としか言いようがありません。

 

ATH-CKS1100-2

出典:https://www.audio-technica.co.jp

 

見た感じは少し大きく感じるかもしれませんが、適度な密閉感もあり耳へのフィットは抜群です。

付属のピースは4サイズあり、一般的なカナル型なので誰でも問題なく装着できると思います。

で、音の遮断性は格段に高いものになっていると感じます。

 

本体、ケースともしっかりと作られたものなので所有欲も十分満たされ、

かつ実売価格も¥24000程なのでお買い得感もありオススメです。

 

 

それでは、初めての高音質イヤホンおすすめランキング第一位の発表です。

 

やっぱり高音質=価格という公式は否めないですね。

お金に余裕があるなら、これを買っておけば間違いなしです。

 

no1

オーディオテクニカ IM Series ATH-IM03

audio-technica IM Series カナル型モニターイヤホン トリプル・バランスド・アーマチュア型 ATH-IM03
audio-technica IM Series ATH-IM03

 

過剰な演出等もなく極めてフラットで臨場感のある音を出してくれる、プロスペックのモニターイヤホン。

 

低域用、中域用、高域用それぞれに新開発のバランスド・アーマチュアドライバーというのを搭載していて、

低域から中高域までを高解像度で表現されてます。

 

モニターサウンドなので、やたら低音をブーストしたモノに慣れてる方は物足りなさを感じる場合があるかもしれません。

とはいえ忠実に原音が再生されてますので、艶があって透明感あるクリーンな音を十分に堪能できるのが嬉しいですよね。

 

音がクリーンだから、自分でイコライジングしても素直に反応してくれるところも大きなポイント。

個人的には高音の解像度が気に入っていて、弦楽器などを聴くととても心地良いです。

あ、こんな音が隠れていたんだ~と気づかされることもしばしば^^;

 

もちろん中音域がや低音域がこもったりなんて事はなく、

それぞれがしっかり独立して聞こえてくるところはさすがだと感心しました。

 

とにかく、全てにおいてバランスが取れているといった印象。

つまり弱点が見当たらないということです。

 

ATH-IM03-2

出典:https://www.audio-technica.co.jp

 

サイズは大型の部類になると思うのですが、イヤーピースの付け替えで問題なくフィットします。

ブラックスケルトンで、内部が見える見た目もカッコイイ!

 

実売価格はおよそ¥35000ほどと少しお高いけれど、文句なしの一品です。

 

 

matome

オーディオテクニカのおすすめするイヤホンを紹介しました。

どれか買ってみようかなぁと思う商品はありましたか?

 

イヤホンってこんなに高いの!?

と思った人もいるでしょう。

 

でも、本当に違います。聴けば分かります。

スペックを中心に書いてみましたが、「聴く」感性はやっぱり人それぞれ。

試聴に勝るものなしなんですよね~

いきなり買うのは不安だと思ったら、大型電気店に行けば試聴できますよ。

ぜひ一度、試してもらいたいですね~

 

スポンサーリンク


-ホビー
-