家庭

血糖値を下げるには豆腐がイイ!一緒に食べると効果的なものとは?

スポンサーリンク

 

夫の健康診断の結果、血糖値が高いという判定!!

 

ご存知の通り
血糖値が高いと糖尿病になるリスクが
高くなってしまいます。

 

しかし、いまいちピンと来ない血糖値、
そもそも血糖値って何なのでしょうか。

血糖値とは、その名の通り
血液中の糖の値のこと。

この糖の値が高いほど、
血液中に不要な糖があり、
糖尿病のリスクが高まったり、
糖尿病だったりします。

では、血糖値が高いと
何が問題なのでしょうか。

 

 

血液中の糖は、クルマでいう
ガソリンのようなもの。

ガソリンの給油のような
役割を果たすインスリンが
正常に働いていない場合や

血液中の糖が多すぎる場合に
糖尿病を引き起こします。

 

しかし、糖尿病だけではなく、
血圧が高くなったり、
血液がドロドロになったり
動脈硬化などになります。

血糖値が高いというだけで、
命の危険になる可能性が
ぐんとあがるんですね。

そんな血糖値を下げてくれる
魔法の食材があるんです!

 

血糖値を下げられる日々の豆腐食

 

その魔法の食材は、お豆腐。

お豆腐は大豆からできているのは
どなたでもご存知かと思います。

お豆腐はスーパーでも安く手に入る
家計の味方の食材の一つ。

これで血糖値が下げられるなんて、
嬉しいですね。

 

お豆腐にはイソフラボンだけでなく、
良質なたんぱく質やビタミンや鉄分、
マグネシウムなど様々な栄養素が
たくさん含まれています。

 

お豆腐を食べることで、
インスリンが正常に働くようになり、
血糖値が下がったという結果が
報告されています。

ただ実は、まだ詳しくは
解明されていないそうです。

しかし、血糖値を下げる食材なのは
間違いありません。

 

血糖値を安定させるには豆腐との食べ合わせも重要

 

では、血糖値を安定させるには、
お豆腐とどのような食べ合わせが
良いのでしょうか?

お豆腐だけではなく、
他の食べ物を食べることで、
より効果的に血糖値を安定させましょう。

 

玄米、お豆腐、お味噌汁

まず、ご飯などは玄米に変えるなど、
茶色いものをメインにしましょう。

玄米や雑穀は
糖の吸収がゆっくりになるので、
血糖値が上がりにくくなります。

 

次に、あさりやわかめの
お味噌汁も付けましょう。

あさりやわかめ血糖値を
コントロールしてくれます。

玄米、お豆腐、お味噌汁。
これだけでも立派な3品が完成です。

 

さらに、もう一品となれば、
サラダを用意したり、お魚を用意しましょう。

サラダやお魚も血糖値を
下げる役割があります。

魚は、ただしイワシやサバなどの
青魚にしましょう。

 

 

お豆腐の効果的な食べ方とは?

 

食べ方にも注意が必要です。

よく噛んでゆっくりと
食べることが大事です。

ゆっくりかむことで満腹中枢が刺激され
余分なものを食べなくてもよくなります。

さらに吸収しやすい大きさになるので、
より効果が出てきます。

 

ご飯を食べるときは、サラダから。

これはダイエットをしている人には
常識になりつつあることですが、
血糖値が高いなら、
これを必ず実践しましょう。

野菜から食べることで、
急激に血糖値を上げることを
避けることができます。

 

食事は規則的に

また食事を一回抜くと
その分次にご飯を食べたときに
血糖値が上がりやすくなるので、
規則正しくご飯を食べましょう。

寝る前にご飯を食べるのは、
胃腸の消化不良にもつながるので
NGです。

 

血糖値を下げるには、
食べ物だけではなく運動も大切です。

寝る前のストレッチなどを
習慣化するだけでも、
早く血糖値を下げることができますよ。

 

まとめ

普段目に見えない血糖値。

数値が高いからと言って、
通常の生活をすることができたら、
特に気にしなくなってしまうかもしれません。

ですが血糖値が高いというのは、
よくよく死亡につながりやすい
恐ろしい病気にかかりやすいんです。

そのため、血糖値が高いのであれば、
早めに健康的な食生活を心がけましょう。

運動もプラスアルファで
実施すると、より効果的です。

旦那さんにいつまでも
健康でいてもらうために、
少しだけでもサポートして
あげてみてはいかがでしょうか。

 

-家庭
-