卒業式

【卒業式エピソード】高校生の僕が彼氏ありの年上に告白。キスの後の言葉が・・

スポンサーリンク

 

 

出会いを求めてバイト探し

私の高校は男子校で、しかもかなりのヤンキー高校でした。

 

そんな学校なので、出会いを求めてファーストフード店やファミレス。

果ては個人経営の蕎麦屋さんまで、バイトの面接は軒並み不採用。

 

下手するとその場で『〇〇高校でしょ?んー今回は申し訳ないけど…』と断わられたりもしました。

笑っちゃう事に、あんまり落とされ続けたのでムキになっていたのかもしれません。

 

『出逢い』という最大の目的は何処へやら、手段は目的と化し、私が最後に流れ着いたのは観光バスの掃除でした。

採用の電話を貰って、謎のガッツポーズ。

 

初日の仕事で自分の失敗に気付きます。

「あれ?女子居ないじゃん」

唯一の女子は社長の奥さん(65)です。

 

しかもちょっと慣れてきたら

「君にこの現場任せるからね」

って言われて、それ以来私は1人で仕事をする事に。

 

私の友人や先輩だったら、そんなバイトはさっさとバックれちゃう所なのでしょうが、私は元々根が真面目。

「一度始めた事は最後まで」の両親の教えの元に、高校生活をそのバイトに注ぎ込む事になりました。

 

そんなバイトですが、仕事相手に女子がいないだけで、女子が全くいない訳ではありません。

 

 

観光バス=バスガイド

そうです、観光バスと言えばバスガイドさんですね。

高校生の私から見れば大人の女性。しかも制服です。

 

あちらもあちらで、職場には運転手のおっさんしか居ない環境。

高校生の私の登場はちょっと新鮮だった様です。

 

私の仕事はバスガイドさんが車内の片付けや忘れ物などを確認後、窓や床を拭くという感じ。

なので、お話するチャンスなんてほんの一瞬です。

 

ちょっと小慣れた奴なら、そんな一瞬も逃さないのでしょうが、元々私は器用な方では無い。。

会話と言えば「ちーす」とか「もう良いっすか?」。

相手からすると、無愛想で可愛げの無い高校生だった事でしょう。

 

そんな私に、たった1人だけ優しく接してくれるガイドさんがいました。

ちょっと仕事を手伝ってくれたり、お菓子やジュースを差し入れしてくれたり。

 

 

ある日車内の掃除をしてると、そのガイドさんが入ってきました。

いつも通りに仕事を手伝ってくれるのかと思いきや、その人は客席に座って世間話を始めました。

 

仕事の愚痴や、私の事。

ちなみに私が高校生だって事は知らなかった様で、かなりビックリされました。

 

 

彼氏あり年上女性を好きに

それ以来、その人はちゃんと話せるたった一人のガイドさんとなり、耐性の無い私はその人の事が好きになってました。

男子校の生徒なんてチョロいもんだと我ながら思います。

見た目はそんなに可愛い訳では無かったですが優しいし、いい匂いだったし。

 

でも、世間話をする中でガイドさんには彼氏がいるのも分かりました。

やがて卒業が近くなり、私は遠くの大学に通う事になり、地元を離れる事が決まりました。

なので、そのバイトを続ける事が出来なくなりました。

 

卒業式前日に告白!

最終日を卒業式の前日と決め、私はその人に告白しようと決めていました。

その日は朝からバクバクです。

 

私が仕事をしていると、ガイドさんが入ってきていつも通りに仕事を手伝ってくれました。

「あのー…」私が手を止めて話しかけると

 

「んー?」と言いました。

 

「俺、明日卒業式なんです」

 

「おーおめでとう!進学するの?」

彼女が満面の笑みを浮かべて答えます。

 

「はい。来月から一人暮らしです。で、バイトも今日が最終日です」

 

「えー本当に?なんだーもっと早く言ってくれれば良かったのにー何にもあげないけど」

そう言って笑いました。

 

文章で書くとサラサラと会話している様に思えます。

が、この時の会話は相当不自然で、私の声は自分でも分かる位に震えてたと思います。

 

 

そんな私の様子に、ガイドさんも気付いたのでしょう。

手を止めて私の方に向き直ってくれました。

 

(今しかない)

 

そう思った私は彼女と目を合わせられなくなり、俯いて顔も真っ赤だったと思います。

 

「どうしたー?」

ガイドさんはゆっくりと近付くと、俯いて立ち尽くす私の顔を覗き込みました。

 

「あの…おれ…ガイドさんの事が」

そこまで言うと私は顔を上げてガイドさんを見ました。目の前で優しく笑ってました。

 

「おれ…ガイドさんが好きです」

夜のバスの車内で、なんとも冴えない告白だったと思います。

 

しかし一番ダメだったのはそんな事じゃありません。

 

私の告白の後に、ガイドさんは私の前に近付くと

「そっか。ありがとね」

 

そう言うと私のハンカチで拭いてくれました。

 

私は泣いていたのです。

 

3年間思い続けた人だったのも有りますが、きっと地元を離れて一人になる不安も有ったのだと思います。

 

背の低い彼女は俯く私の前髪をそっと撫でながら

 

「私ブスだからさ、こういうのあんまり慣れてないから、どうしてあげたらいいのか分かんないの。ごめんね」

「私ね、彼氏がいるの。その人のが好きだから、君に応えてあげられないんだ。ごめんね」

「でもね、彼氏は君みたいにカッコよくないから、こんなにカッコいい人に好きって言われて、すごく嬉しいよ」

 

ガイドさんが話す間、私は黙って俯いていました。

 

「ん〜」

ガイドさんはもう一度私の前髪を撫でると、ゆっくりと顔を近づけて、軽く、本当に軽くですがキスをしてくれました。

 

「ごめんね。内緒にしてね。早く忘れて彼女作ってね」

 

ガイドさんは私の肩をそっと撫でて、バスを出て行きました。

 

バスを降りる時、振り返って

「元気でね」

といつもの様に笑いました。

 

私はしばらくその場に立ち尽くして、フラれた気持ちと、彼女の唇の感触を噛み締めていました。

 

 

翌日は卒業式で、前日の出来事のお陰で私は大泣き。仲間にドン引きされました。

20代半ばの女性から見れば、少年の世迷言だった事でしょう。

でも、とても優しくフってくれたので、あれから30年近く経ちますが、今でも思い出すと優しい気持ちになります。

 

卒業式告白エピソードまとめ

-卒業式
-