卒業式

【卒業式エピソード】もう会えない!先輩に思い切って告白。まさかの展開が・・

スポンサーリンク

 

いつの間にか仲良くなって

その彼は、私の友達が好きな先輩のクラスにいた先輩でした。

 

友達につきあって休み時間、放課後に先輩のクラスに遊びに行くと、必ず隣にいた先輩でした。

少しクールで、会話にたくさん入ってくるタイプではありませんでした。

何回かクラスに遊びに行くにつれて顔見知りのような感じになり、廊下で会うと挨拶をしてくれるようになりました。

 

いつの間にか先輩のことを探していて、好きなんだと気付いたのは、先輩が卒業して県外の大学に行ってしまう、と知ったときでした。

 

いつの間にか好きになっていった

卒業したらほとんど会えなくなって、大学に入ったらきっと新しく女の子とも知り合って。

想像するだけで泣けてきてしまったときに、先輩のことが好きだと気付きました。

 

当時の歳の差の感覚は、とんでもなく広く感じてしまっていました。

好きだと気付いてからは、先輩のクラスに遊びに行って、隣に女の子がいるだけで嫌でした。

 

当時彼女はいませんでしたが、先輩はモテていました。

告白したけど振られた、という話をいろんなところで聞いては自信をなくし、の繰り返しでした。

 

先輩と一緒に帰ることもあった私は、なんとなく特別扱いしてもらえてるのかな。

なぁんて良い風に考えて、告白しようと決めました。

 

 

卒業式思い切って告白

卒業式の日は、いつもより先輩か格好良く見えて、先輩と目を合わせた瞬間に私は大号泣してしまいました。

 

「何泣いてんの、永遠の別れみたいに」

と先輩はおかしそうに笑いました。

涙が止まらなくて、せっかく気合を入れたメイクも台無しになっていました。

 

「話がある」と言うと、

「最後に一緒に帰る?」と誘ってくれました。

 

最後の帰り道、公園で寄り道をしました。

先輩はいつもの先輩で、明日から先輩がいなくなることが信じられませんでした。

 

休み時間にクラスに行くこともなくなって、と考えていたらまた涙が出てきてしまって。

ベンチの隣に座っていた先輩はまた笑っていました。

 

「私、先輩のこと好きだよ」

と泣きながら言うと、先輩は

 

「知ってたよ」

と言いました。

 

 

まさかの展開

そのあと。。

 

「多分俺も好きだと思う」と言ってくれて、

 

「多分ってなに」と怒ると、

 

「子供だからなあ」とまた笑いました。

 

「彼女にしてほしい」

と言うと、先輩はなんと!

 

「俺が彼氏でいいの?」

と答えてくれました。

 

いつも確信をつくと笑って誤魔化す先輩が、そのときは真剣に答えてくれて、とても嬉しかったことを覚えています。

 

結局その後、大学に行ってすれ違いも多くなり、別れてしまいましたが。

たまにそのときの気持ちを思い出して、ときめきが蘇ります。

 

卒業式告白エピソードまとめ

 

-卒業式
-