ガンプラ

MG変形ガンプラランキング!レビューします【コレは二度楽しい】

スポンサーリンク

 

『変形機構のあるガンプラ。初めて作るにはどのキットがおすすめ?』

gundam (2)

 

バンダイのガンプラの技術はかなり高くて、原作でほぼ別物に変形している機体が、

キットでも完全変形が出来るよう再現されています。

 

完成後にもガシガシ変形させて遊べるキットは、普通のキットの二倍楽しさを感じます。

 

しかし、複雑すぎて変形が難しかったり、変形に重きを置きすぎて見た目がちょっと・・・というキットもあります。

 

そこで、私個人が感じた変形機構が楽しめるガンプラランキングを発表しますね!

評価基準は
「変形の工程が楽しい」
「プロポーションが良い」
「無理なく変形できる」
「制作難易度」
の4つを基準にします。

また、私が制作にかかった時間を載せますので、参考にしてみてください。

 

 

no3

MG 1/100 RGZ-95C リゼル隊長機

リゼル隊長機1

出典:http://bandai-hobby.net/

 

ガンダムUCから登場したリゼルの隊長機が3位です。

原作ではやられ役としてあまり陽の目を見なかった機体ですが、キットではその鬱憤を晴らすようにかなり出来が良いです。

 

【変形の工程の楽しさ】

Zガンダムの系譜のため、変形はZガンダムのウェブライダーに似た変形になります。

手首を取り外すだけでそのまま変形することが出来るため、アニメの変形を再現しながら変形させることが出来ます。

 

またギミックが素晴らしく、ロックを外して押しこむだけで腕や頭のパーツがカチッとハマるようになっています。

なので、変形をさせる時にストレスはほとんどありません。

パズル的な要素が強く、非常に変形させやすいと思います。

 

【プロポーションの良さ】

カトキ氏のデザインのため、細身にデティールが詰まった印象があります。

変形機構のためバランスが悪いということは一切なく、また大きなビームランチャーが非常にカッコいいです!

 

変形後のウェブライダー状態もまとまったデザインで、見た目はZガンダムよりZ2に似ているかな?と思いました。

またアクションベース(台座)も付属しているので、変形後の姿でも飾って置けるのが嬉しいですね。

 

リゼル隊長機2

出典:http://bandai-hobby.net/

 

【無理なく変形できるか】

差し替えパーツは一切なく、取り外すパーツも手首のみので、ほぼ完全再現と言っても過言ではありません!

 

【制作難易度】

パーツが多めなので、時間は掛かると思いますがそこまで難しくはないと思います。

 

ただ少し複雑なパーツが多いので、ゲート跡の処理は丁寧にしないとパーツのかみ合わせが悪くなってしまう可能性がありますね。

私は制作に2~3日程かかりました。

 

原作では結構あっさり退場してしまった機体ですが、キットではとてもかっこいいです!

クリアパーツなども綺麗なので、飾っておくにも良いキットだと思います。

 

 

no2

MG 1/100 GAT-X303 イージスガンダム

イージスガンダム1

出典:http://bandai-hobby.net/

 

ガンダムSEEDの前半ライバル、アスランの乗るイージスガンダムが2位です。

 

ガンダムSEEDの初期ガンダム5機がMGで連続リリースされている時期がありました。

このキットは最後に発売されたのですが、その機体を裏切らない良いキットでした。

 

【変形の工程の楽しさ】

イージスガンダムはSEED屈指のゲテモノガンダムと言われており、とても複雑な変形機構を持っています。

 

スキュラと呼ばれる股から発射するビーム砲を出す形態になります。

実際に見てもらわないと説明できないですね~

 

全キット中、最も見た目が変わるキットはイージスガンダム言えるほど変形が凄まじく、殆どパズルを組むような感じで変形させていきます。

 

慣れるまでは説明書とにらめっこしなければならないですが、分かった後はガシガシ変形させることが出来ます。

また変形後も二パターンのモードがあり、その点でも楽しめます。

 

【プロポーションの良さ】

複雑な変形のため、頭のアンテナが可変式であったり、胸のパーツが動いたりしますが、飾る分には全然問題ないと思います。

 

ビームサーベルが手足の四本付いているので、ポージングに幅を持たせられるのが嬉しいですね。

赤と青のツートンのため、そのままだと少し寂しい印象。

 

ですが、シールなどを貼ってしまうと変形の最中剥がれてしまう可能性があるので、そこが少し悩みどころでしょうか。

 

イージスガンダム2

出典:http://bandai-hobby.net/

 

【無理なく変形できるか】

複雑な変形ですが、差し替えパーツは一切なく完璧に原作再現しています。

 

変形難易度自体は少し高いですが、パーツ一つ一つはタイトな部分やゆるい部分は一切ありません。

覚えてしまえばストレス無く変形させることが可能です。

 

【制作難易度】

パーツは結構多く、また機構が複雑な部分が多いので機構を理解しないと少し難しいかもしれません。

 

ただパーツが割と大きいので、組む際に窮屈であったりはしません。

少し上級者向けのキットですが、技術力がたっぷり詰まったキットだと思います!

 

SEED好きの方にも是非オススメしたいです。

 

 

 

no1

Vダッシュガンダム Ver.Ka

MG 1/100 可変・分離モビルスーツ LM312V04+SD-VB03A Vダッシュガンダム Ver.Ka (機動戦士Vガンダム)
MGVダッシュガンダム Ver.Ka

 

Vガンダムから、強化パーツを装備したVダッシュガンダムが1位です

原作では変形合体の機構を上手く使いこなして戦っていた機体なので、キットでもその良さを十二分に発揮しています。

 

【変形の工程の楽しさ】

このキットの楽しいところは、やはり原作であったバラバラの状態から合体するというその工程が物凄く楽しいです!

 

コアファイター状態、ハンガー、ブーツがちゃんと再現されており、三体を合体させるとVガンダムになります。

 

またコアファイターとハンガー、ブーツだけを装備した状態も再現でき、またヘッドが違うコアファイターも付属しています。

なので、原作であったトップファイターとボトムファイターを並べて飛空させている状態も再現できます。

 

またオーバーハングバックも付属しており、これも単体でファイターとドッキング可能です。

Vガンダムと合体させるとVガンダムダッシュとなります。

 

非常に合体形態が豊富で、プラモデルよりおもちゃの側面が割と大きいキットだと思います。

 

【プロポーションの良さ】

このキットもカトキ氏のデザインのため、デティールがとても豊富です。

 

原作再現のため小柄なキットなのですが、そのため情報量がギュッとまとめられた印象があります。

シールがとても多いのですが、全部貼るとガラッと印象が変わるので少し辛いですが頑張って貼りましょう。

 

ダッシュ

出典:http://bandai-hobby.net/

 

【無理なく変形できるか】

変形の際少しタイトな所がありますが、その部分を削ってやると難しい部分は殆どありません。

 

【制作難易度】

変形機構の多さに比べてパーツ数は意外と少なく、製作時間は短いと思います。

 

パーツが小さいのでその部分が注意がいりますが、さほど難しくはないと思います。

前述したとおりシールの貼り付けが難しい所がネックでしょうか。

 

私は1日程で完成しました。

製作中も完成したパーツから変形させたので、少し遅れてしまったかもしれません。

 

Vガンダムはアニメで主人公機なのに量産機のような珍しい扱いをされていて、その運用方法もすごく斬新でした。

Vガンダムヘキサも再現できるので、私は二個買いをぜひおすすめします。

 

matome

変形機構はとても楽しくて、素組派の方にもオススメできるいいキットが多いと思います。

塗装をしてから変形させると塗装が削れてしまうため、変形前か変形後で固定させてしまう事も多いのですがそこはご愛嬌ですね。

考えているほど制作難易度は高くないと思うので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

関連記事:ガンプラレビューまとめ

 

スポンサーリンク


-ガンプラ
-