家庭

子育て中でも仕事を諦められない?それなら良い在宅ワークを探してみよう!

スポンサーリンク

 

私はOLとして、バリバリ働いていた時代が長いです。

 

息子を妊娠した時は初めての子供だし、
すごくかわいいんだろう、と、
産まれるのをワクワクして待っていました。

さぞかし出産後は感動するんだろうな、
って思ってました。

 

けど、実際に産まれてきたときに思ったのは、
感動と同時に

「この赤ちゃんが私のキャリアを奪うんだ」

「この赤ちゃんは、3時間おきにミルクをあげないと。すごい大変!」

 

私は仕事柄、徹夜の多い職場にいたので、
どう考えても今までのように
キャリアをつむことが難しかったんです。

「24時間365日、休みなしだよ!」っていう、
育児本にのってる「出産感動エピソード」
みたいな話とは程遠いことでした。

 

育休もきちんと取れて、
時短勤務が認められて・・・

みたいな福利厚生の充実した
ホワイト企業にいたならまだしも、
私が当時いたのは、ブラック企業。

 

育休なんてものは、
取った人も前例もなくて、

出産した段階で退職は決まっていたようなもの。

 

だけど、私は働きたい!と思って、
求人情報を探してみたけど・・・

 

応募してもまず、

「お子さんが風邪をひいたときはどうしますか?」

「徹夜になった時は、誰か預かってくれますか?」

「お子さんが小さいうちは家にいた方がいいんじゃないですか?」

と言われてしまう。

 

それなので、私は在宅ワーカーへと
転職しました。

その経験から、在宅ワークの見つけ方、
メリット・デメリットなどをお話ししていきます。

 

 

趣味もお金になる!インターネットを活用して在宅ワーク

 

在宅ワークというと、
昔の「内職」みたいなものをイメージしていませんか?

今は時代が変わっています!

 

「こんなものがお金になるの?」

というものがお金になったりします。

 

趣味がお金になる

 

例えば、ソーイングが趣味だって方、
結構いらっしゃるのでは?

子供ができたのをきっかけに、
手作りに目覚めたりしますよね!

子供の入園・入学で、バックが
必要だったり、お名前を
つけたものが必要になったり・・・。

そういったことも、苦手な人にとっては、
悩みの種です。

 

私は都内に住んでいますが、
新入園・入学シーズンになると、

「自分で作れない!」

という方がソーイングショップの
オーダーコーナーに行列を作っていたりします。

 

「ソーイングには、ちょっと自信があるわ!」

って方、自分でオーダーを受けちゃったら
どうでしょう?

販売方法もヤフオクに出品してみたり、
自分でホームページを作って宣伝してみたり、
SNSを利用したり・・・

と、インターネットだけで
受注・宣伝・販売も可能です。

 

パソコンとかよく分からないって方は、
フリーマーケットで販売することもできます。

またママ友に、

「苦手なら、私が好きな生地で作ってあげるよ!」

と宣伝しておくと、頼まれることもあります。

 

私の友人は、フリーマーケットとお友達の口コミで、
新入園・新入学シーズンはすごく忙しくしています。

趣味はお金になるんです!

 

情報もお金になる

情報もお金になります

Nanapi(https://nanapi.com/)などが有名ですが、
自分のノウハウをお金に換えている方もいます。

 

お母さんの中に入ると、
いつも相談役になっちゃうのよ・・・

って方なんかは、

「育児のアドバイス、何でもします」

といった感じで、自分のノウハウや
持っている情報をお金に換えましょう!

 

前職のキャリアがお金になる

趣味も特技もない。

前職のキャリアを活かしたいわ

 

在宅事務や在宅秘書など、いま様々な職種で、
在宅ワーカーを求める求人が出ています。

私のオススメは
Indeed(https://jp.indeed.com/)
という求人サイト。

こちらはハローワークの案件から、
他の求人サイトの求人まで、
一気に見ることができます。

「在宅 ○○(やりたい職種)」
で入力してみると、
かなりの案件が出てきます。

その中で信用できそうな会社に
応募してみましょう。

 

 

在宅ワークのメリットとデメリットをまとめてみました。

 

在宅ワークのメリット

通勤の必要がないこと。

面接や打ち合わせで、
たまの外出が必要になる場合もあります。

でも時間を自由に使えるし、
子供の世話をしながらでもできること。

すきま時間でできる仕事も
多数あることです。

子供を抱えるお母さんにとって、
子供が体調を壊した時や
園や学校でのイベントの時は、
気兼ねなく休めるって大切なことですよね。

在宅ワークなら、
時間を調整すればそれが叶います。

 

在宅ワークのデメリット

自己管理が大変なこと。

在宅ワークにも当然、納期があります。

会社に出勤しているなら守れるけれど、
会社って縛りがなくなると、
自分がスケジュール管理をして、
納期通りに納めなければなりません。

 

営業活動は自分でしなければいけないこと。

今までは会社の名前で
お仕事ができていました。

ですが在宅ワーカーは、
一から仕事や信用を勝ち取って
いかなければいけません。

会社員時代と違い、
インターネットの環境は
自分で作らなければいけないです。

それにパソコンやプリンター購入などの
初期投資は最低限、必要になります。

 

まとめ

働きたいけど、
パートですら断られてしまって。

トホホな思いをしたことがある方も
多いと思います。

 

だけど今の働き方は多様化しています。

在宅ワーカーでいくら稼げるかは、
あなたの腕とアイディア次第!

小さくても会社の社長なのです!

 

在宅ワークのノウハウに関する本は
いくらでも売っています。

働くことをあきらめないで!

 

-家庭
-,