相撲

逸ノ城 かわいい笑顔 でも身長体重は怪物クラス

2014年9月の秋場所で、新入幕ながら横綱鶴竜と、二人の大関を倒し

白鵬と優勝争いをした逸ノ城

 

初めて見た時は、その巨漢とふてぶてしい顔に、怪物現る!

と話題になりました。

 

でも、土俵を降りるとてってもかわいい笑顔の青年なんですね。

逸ノ城ってどんな人なのでしょう?

 

ichinojo1

逸ノ城 駿(いちのじょう たかし)

生年月日 1993年4月7日
出身地  モンゴル・アルハンガイ県
本名   アルタンホヤグ・イチンノロブ
身長   192cm
体重   202kg
所属部屋 湊部屋

 

逸ノ城 相撲のきっかけ

モンゴルではモンゴル相撲と柔道をしていました。

モンゴル相撲では、14歳に県大会で優勝と、この頃から一つとびぬけていたんですね。

 

照ノ富士の記事でも書いたように、照ノ富士と同じ道場で柔道を、

同じく、高校相撲の名門校の鳥取城北高校に入学しました。

 

高校の寮も同じ部屋、同じ飛行機で来日と

照ノ富士と行動を共にしていたんですね。

ちなみに、年齢は照ノ富士が、逸ノ城の二つ上です。

 

鳥取城北高校では、本名のイチンノロブからとって「イチコ」と呼ばれかわいがられていたそうです。

監督の第一印象は「目立たない、おとなしい子」と言っています。

 

192cmの大男が目立たない世界って・・

高校相撲でも、こんな選手がごろごろいるってことですか?!

 

2年、3年で計5つのタイトルも獲りました。

 

卒業後すぐには、相撲部屋に入門せずに、高校の相撲部コーチをしたり

鳥取県体育協会職員として、施設清掃などをしていたそうです。

ichinojo

その後、実業団横綱となり、現在の湊部屋に入門しました。

 

ちなみに、この恵まれた体。192cm、202kg。

お父さんの身長が190cm、お母は178cm。

 

身長の伸びに遺伝が関係するのは、25%ほどと言われていますが、

明らかに「遺伝」ですね。いい体を貰いました。

 

 

逸ノ城 入幕

「逸ノ城」という四股名

本名の「イチンノロブ」と「逸材」からの「逸」
通っていた鳥取城北高校からの「城」

を合わせて作ったそうです。

 

前に、四股名といえば「~山」「~川」「~海」が多かった気がしますが、

今は変わった四股名が増えてきましたね。

 

2014年1月場所で初土俵。

その後の活躍は有名で、

2014年9月の秋場所で、新入幕ながら横綱鶴竜と、大関の稀勢の里、同じく大関の豪栄道を倒しました。

 

この場所の途中から、花道から逸ノ城が入ってくると、お客さんがどよめいていましたね。

この頃は、まだ髷が結えない長髪で、あの体、あの顔で「怪物」と呼ばれるくらいでした。

 

白鵬と優勝争いをしましたが、敗れて初入幕初優勝は逃してしまいましたが。

これらの成績が認められ、幕下から5場所での関脇にスピード出世しました。

 

逸ノ城 かわいい

話すと、まだかわいらしい青年のような感じがします。

高校の監督が言った、「目立たない、おとなしい子」というのが分かります。

 

おかみさん(三浦真さん・内科医)が話すエピソードもかわいいいです。

「初めて使う帯の色を効いてきたり」
「アイスを食べているのを見つかり”はっ”という顔をしたり」
「甘いものが好きすぎて困る」

 

きっと逸ノ城は、愛されキャラなんでしょうね。

 

CMの依頼も来ました。

ベビースターの「ドデカイ」に出演。

これを食べると、2mもあるでっかいタオルのプレゼントも応募できるみたいですよ。

かわいいタオルかは別として・・

興味がある方は是非。

 

相撲女子(スー女)が増えていって、相撲人気が高まっています。

そのキャラと強さで、角界の人気者になることは確実ですね。

 

関連記事:

千代丸たん(千代丸)がかわいい

てるる照ノ富士 スー女も注目

-相撲
-