インフルエンザ特集

インフルエンザの予防接種は1歳未満では推奨しない?

スポンサーリンク

 

冬も深まる季節、インフルエンザがいよいよ流行してきそうですね。

 

 

自分がなりたくないのはもちろん。

赤ちゃんや小さなお子さんのいるご家庭ではなおさら、子ども達への感染も心配なもの。

 

今回は、赤ちゃんや小さいお子さんに、予防接種を行っていいのか。

またするとしたら注意することはあるのかなど、詳しく見ていきましょう!

 

 

赤ちゃんに予防接種をしてよいの?

結論から言えば、すること自体に問題ありません。

 

ただ、効果がしっかりあるかどうかは難しいところです。

解説していきましょう。

 

厚生労働省のコメントでは、

何歳以下(あるいは何ヶ月以下)のお子さんにはやめたほうがいいということはまったく書かれていないのです。

 

要約すれば、

「1歳未満の子供には推奨しないが、6ヶ月以上であれば受けることに問題はないと思われる」

といった柔らかい書き方をしてあります。

 

iryou7

 

というのも、インフルエンザの予防は、定期予防接種の他のワクチン

(4種混合とか、聞いたことがある方も多いと思います)と違って、任意接種だからです。

 

医師に相談してご自由に打ってくださいという訳です。

 

ですから、打ったほうがいいのか別にいらないのかという話になると、かかりつけ医師や近所のお医者さんの考え方によるところが大きいと思われます。

 

病院によっては小さいお子さんに接種してくれないところもあります。

 

まだ1歳になっていないような小さいお子さんでは、インフルエンザ予防接種をしてもなかなか免疫がつくのが難しいとも言われています。

 

自己免疫疾患や血液の病気があったり、臓器移植で免疫抑制療法を行っているなどといった特殊な事情がおありのお子さんなら積極的に予防接種したほうがいいと言われるかもしれません。

 

かかりつけがある場合、そこの医師とよく相談されることも大事です。

 

 

幼児や子供の予防接種で気を付けること

baby2

 

実は、お子さんをインフルエンザにしないでおこうと思えば

あなた自身が感染者にならないことが一番大事です。

 

ですから、あなた自身はかならず予防接種を受けるようにしてください。

 

お子さん本人については、ワクチンを打つ前に体調を崩していないか、熱はないかということを注意してみてあげてください。

 

なお、1歳未満では推奨されないと書きました。

逆に1歳以上3歳未満については「優先接種対象者」になっています。

ぜひ接種しましょう。

 

いかがでしたか?

お子さんをインフルエンザから守るための、一つのヒントにしていただけたでしょうか。

 

何度もいいますが、子供さんをインフルエンザにかからせないためにも、あなた自身の接種もどうかお忘れなく!

 

関連記事:インフルエンザで知っておくこと

 

-インフルエンザ特集
-