インフルエンザ特集

インフルエンザ予防接種後のお酒はNG?厚生労働省の答えは!

 

インフルエンザの予防注射は受けていますか?

 

予防接種は、病院側の在庫があれば予約なしですぐに受けられますので

行った方が良いですよね。

 

会社の保険組合から、補助金が出るところも多いですし。

 

infulenza2

 

ふと気になりました。

インフルエンザの予防接種をした後に、気を付ける事って何だろう?

 

激しい運動はNGとか聞いたような気がするけどなぁ。

お酒を飲んでも良いんだろうか?

 

 

ネット上のあいまいな答えではなく、責任がある所が発信している情報を調べてみよう!

ということで、厚生労働省のHPで調べてみました。

 

インフルエンザの予防接種後に注意する事

結論

いつも通りの生活をしてもかまいません

 

ということです。

ただし、「激しい運動」や「大量の飲酒」は避けましょう。

入浴は差し支えありませんが、注射した部位を強くこすることはやめましょう

 

どこまでが激しい運動なのかわかりませんが、ぜぇぜぇはぁはぁするような運動はやめておきましょう。

晩酌程度なら「大量の飲酒」にはならないのでOKですね。

 

特に気にせず、いつも通りの生活で良い訳です。

 

注意!

その他にはこんなことが書いてあります。

①予防接種を受けた後30分間は、急な副反応が起こることがあります。医師(医療機関)とすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。

②インフルエンザワクチンの副反応の多くは24時間以内に出現しますので、特にこの間は体調に注意しましょう。

 

ちょっと怖い書き方ですね。

まぁ異物を体内に入れる訳なので、体調には十分注意して過ごしましょう。

という事です。

 

 

インフルエンザの予防接種前に注意する事

インフルエンザの予防接種をする前に注意することは何でしょう?

 

そもそも↓のような方は、インフルエンザの予防接種は受けられません

・体温が37.5℃以上ある人
・重篤な急性疾患の人
・インフルエンザ予防接種の成分でアナフィラキシーを起こした事がある人

 

他には、中耳炎や肺炎、ぜん息によくかかる人、鶏由来のものにアレルギーがある人は医師と相談のこと。

 

以上に当てはまらない人は、自分にとっての「いつも通りの生活」であれば問題ないでしょう。

前日や当日の飲酒については記載されていませんが、ほどほどに。

 

インフルエンザの予防接種を受けるときは、説明書が必ず渡されます。

ななめ読みしないで、しかっりと読んで正直に記載しましょう。

 

自己責任です。

最後に↓こんな署名をしますよね。

infulenza

 

注射はいやだ

注射がどうしても苦手。嫌だ!

という方に朗報!

 

霧状にしたインフルエンザワクチンを、鼻に噴霧する「フルミスト」という方法があります。

 

有効期間も注射タイプが5か月程度。

「フルミスト」は約1年間持続。

とのことです。

 

じゃぁ注射を無くして、これでいいんじゃ?

 

と思いたいところですが、

現在、日本で認可されていないので
⇒保険は適用なしで1万円かかる。
⇒保険は適用なしなので、副作用が出た場合国からの補償なし。

 

アメリカでは既に認可されていますが、日本で受けられるのはまだ先。

ということで、朗報!ではありませんでした・・

近いうちには実現するでしょうね。

 

関連記事:インフルエンザで知っておくこと

 

-インフルエンザ特集
-