ホビー

自作PCの肝は?初心者におすすめのパーツランキング

スポンサーリンク

 

『初めて自作PCにチャレンジ。買って損なしのパーツって何?』

kiban

 

既製のパソコンはとりあえず安心。

そろそろ自分好みのPCを組んでみようか。

でも、どのパーツを選べばいいんだろう?

 

と思っている向上心のあるあなた!

そうなんです、自分で色々悩んで選んだパーツで構成したPCって、自分の子供のようでかわいい!

とまでは、思わないけど愛着はひとしおなんですよね~

 

色々買って失敗して、悩んで、頭にきて組み上げていくのがだいご味ではあるんですが。
(↑これはわたし^^;)

ぜんっぶ買ってみてたらキリがない。

 

ということで、買って損したを何度も経験した私が

「これ買っとけば損はしないよ」というPCパーツをランキングで紹介しましょう。

 

判断基準は、自作PCの肝でもある
「メンテナンスのし易さ、利便性」
「快適な動作性」
に重点を置いています。

 

CPUや構成なんかは人それぞれ。

使用目的によって大きく違うので、それにあまり関係ない「付属的な」パーツを選びました。

 

 

no3

メモリ

 

おすすめするのは

デスクトップ用メモリ DDR3 PC3-12800 CL9 4GB 2枚組
ヒートシンク付 W3U1600HQ-4G/N

デスクトップ用メモリ

出典:http://www.amazon.co.jp/↑クリックで拡大表示

 

安い商品、例えばよく見かける「むき出しになっている緑色のメモリーカード」は案外壊れ易いんです。

でも、この商品はコスト面でもパフォーマンス性でも優れています。

 

互換性

安心なのは、互換性に関係なく殆どのマザーボードに付ける(増設)する事が可能なこと。

 

これって大きいですよ。

マザボとメモリの相性ってかな~り重要だし、悩まされる問題。

安物のメモリーカードに比べたら、多少は値段が高くなりますが

この問題がクリアされるだけで「買い」です。

 

また、OSのシステム診断でのスコアが高評価になっている事もあって、使い勝手の良い商品と言えます。

 

サイトでも一押しの商品なのか、サイト内でメモリーカードの検索を掛けたら真っ先に、この商品が出てきました。

 

安定動作と使用した際の寿命の長さも良い事この上なし。

ヒートシンク付きなので、メモリー自体の加熱温度を抑える働きもあります。

 

自作PCを初めて作る方で自信がない方でも、このメモリーカードを選んでおけば安心です。

 

 

no2

PCケース

PCケース。いわゆる「ガワ」です。

おすすめするのは。

ZALMAN Z9 U3 ATX
ミドル タワー PC ケース
USB3.0 温度表示 モニター 搭載 Z9U3

PC ケース

出典:http://www.amazon.co.jp/↑クリックで拡大表示

 

この商品の一番の特徴と言えば、メンテナンスのし易さにあります。

PCケースの中身が丸見えだから異常を発見し易いんですね。

 

内部温度チェック!

中でも注目してほしいのは、内部温度の表示がされる事。

通常、PCは内部温度が上がり過ぎると壊れ易いです。

 

そして、内部温度の上昇の原因は、ファンが壊れている可能性が高いんですね。

これが壊れていると、関連するPCパーツ全てが壊れてしまいます。

なので、これが付いていることによって、内部の異常にいち早く気づくことができます。

 

これって結構ありがたいですよ。通常は目に見えないものですから。

 

更には、付属として元々からファンが複数付いてくる上に、まだファンを付ける余裕すらあります。

ただ、ファンの付け数はマザーボードに依存するので、付属するファンのみの数で良いと思えば、それで大丈夫でしょう。

 

他にも、付属として色々と付いてきているので、追加で購入する部品(ネジ等)は気にする事はありませんよ。

強いて挙げるとするならば、付属で付いてくるUSBのコードが設置可能数よりも少ない事。

それさえ気にしなければ、買っても損しないPCケースです。

 

 

それでは、初めて自作PCにチャレンジする方おすすめのパーツランキング第一位の発表です。

一番触るものなので、これにはこだわりたいですね~

 

no1

キーボード

一番触るもの。キーボードですね。

おすすめするのは。

Qtuo メカニカルゲーミングキーボード
104キーLEDバッグライト付き
Qtuo メカニカルゲーミングキーボード 104キー 多数同時押し可 多色変換 プログラム可 LEDバッグライト付き キーキャッププーラー付き 日本語取扱書付き プロゲーマー 対応 ブラック

Qtuo メカニカルゲーミングキーボード

 

これがストレスフリーでないと、作業が進みません。

なので、キーボードは少し高価でもイイ物を選んでおくべきです。

 

エレクトリカルパレード?

派手な見た目でしょ。見た感じ、小室哲哉が弾いてそうなキーボードですが(笑)

 

光ります!

 

そのLEDバックライトが、多種多様九種類もありカラフルで見易いです。

もちろん、LEDバックライトを付けずに普通に使用出来る切り替え機能もついています。

 

使いやすさ

元々は、ゲーム専用のキーボードとして扱い易い設計となっているので、人気の商品ではあります。

滑り止め付きの「足」もついているので、デスク上で動くこともありません。

 

また、何か飲みながら作業するあなたにはうってつけ(笑)防水機能も付いています。

多少水が零れたとしても壊れる心配はありません。

 

重みもあって頑丈そうなので、誤って落としたとしても衝撃に耐えるでしょう。(やったことはないですが^^)

 

最新のOSにも対応しているし、買って損なしのキーボードです。

 

ただ、難点を挙げるとするならば仮名入力が出来ない仕様であること。

なので、ローマ字入力必須の商品となります。

とは言え、殆どの人がローマ字入力だろうし問題ないでしょう。

 

matome

紹介した3つのパーツは、自作PCには必ず必要なもの。

「道具」の良し悪しが作業効率を決めると言っても過言ではありません。

 

ちょっとイイものを揃えるだけで、ストレスが無くなるなら買いでしょう。

初めての自作PCチャレンジ。頑張ってくださいね!

 

スポンサーリンク


-ホビー
-