お役立ち

乾電池の残量を調べる方法はあるの?落とすだけで分かるとか!

センサーライトが暗いなぁ。そうだ電池替えよう

 

denchi2

新しい電池を用意して、ふたを開けて電池を取り出し・・

あれ!?新しい電池はどれだっけ?

 

電池1本だけなら、入れ替えてみれば明るさでわかるけど・・

このライトは電池を4本使うのに混ざっちゃったじゃん!

 

見た目じゃまったく分からないし・・

残量チェッカーなんか持ってないし・・

 

こんな時どうすればいいんだろう?

 

 

未使用・使用済みの電池を調べるには

 

新品の電池と、使用して残量が少なくなった電池の確認方法は。

落とすだけ

 

本当にこれだけでわかりました。よかった!

テーブルに5cmくらい上から、電池のマイナス側(平べったい方)を落とすだけです。

 

新品はバウンドしない

残量が少ない電池はバウンドする!

 

この動画は単3電池ですが、自分がやってみた単4電池でも分かりました。

 

乾電池がバウンドする理由は

アルカリ乾電池の負極には亜鉛が使われており、電池を使うと亜鉛が酸化亜鉛に変化する化学反応が進む。
この時、酸化亜鉛は亜鉛の粒子と粒子の間をつなぐ橋のようになる。

 

これがスプリングの役目をするので、跳ねるんですね。

 

残量がどのくらいからバウンドするのか

残量が90%でも10%でも、電池としては使用済みは、使用済み。

上に書いてある化学反応の量は違う=跳ねる量が違う

 

これを調査した人がいます。

アメリカ・プリンストン大学のダニエル・スタインガート准教授。

 

電池の残量を10%刻みにして、テーブルに落とす検査をしました。

 

denchi

結果は・・残量50%~0%までの跳ね方は同じという結果に・・

 

つまり、バウンドさせる方法は

新品の電池か?は分かる

という事で・・

 

乾電池の残量チェッカー

乾電池の残量チェッカーは、ピンキリです。

安いものでは、ホームセンターや電気店に1000円くらいで売っています。

 

そんなに使わないし1000円も出さないよ~と言う人は

100均にもチェッカーは売っていますよ。

battery

 

ボタン電池の残量の確認は?

さすがにボタン電池は、テーブルに落としてバウンドさせる方法は使えません。

こちらも、ホームセンターにチェッカーが売っていますが

 

安く済ませたい人は、この発光ダイオード(LED)でチェック。

led

100円くらいで買えます。

ボタン電池を挟んでみて、光具合で判断できます。

 

 

冷蔵庫に入れると電池は長持ちするのか

これはウソ

 

この迷信は、昔の乾電池がすぐに放電して使用できなくなった代物の頃、

乾電池の温度を下げると、化学反応が進まないから長持ちするのでは?

と思われていたため。

 

今の乾電池は、放電しにくいですし、冷やしても寿命に変わりはありません。

逆に、冷やした後に外気に触れると、水滴が発生してサビの原因になります。

 

最悪、電池を入れた製品が壊れてしまう可能性もあります。

ですので、乾電池は冷やさないように!

乾燥した涼しい場所に保管しておくのが一番です。

 

-お役立ち
-