バレエ

金原里奈 ローザンヌ国際バレエ入賞 出身中学高校は?

スポンサーリンク

 

ダンサーの登竜門として知られる「第43回ローザンヌ国際バレエコンクール」で

5位と活躍を見せた金原里奈(りな)さん

 

ローザンヌ国際バレエコンクールとは?

 

金原里奈さんとはどんな人なのでしょう?

 

kanehara3

 

ローザンヌ国際バレエコンクールとは

若手バレエダンサーの登竜門とされている大会です。

 

ここから、世界で活躍したダンサーと言えば、熊川哲也さん、吉田都さん、木田真理子さん。

kumatetu

 

2012年に菅井円加(すがいまどか)さんが優勝しています。

sugai

現在は、ドイツのハンブルク・バレエ団で活躍しているそうですよ。

 

 

ここで入賞すると、1年の間、世界の名門バレエ学校へ入ることができます。

また、そこでの生活資金も支給されるそうです。

 

世界各地からの応募者は300人以上。

その中から70人が現地審査を行い、最終審査に残れるのはたった20人。

 

その中での5位入賞なので、レベルの高さが分かりますよね。

 

この大会では、伊藤充(いとうみつる)さん(アクリ・堀本バレエアカデミー)が3位入賞を果たしています。

現在は、ポルトガル国立リスボン・バレエ学校に留学中とのことです。

 

金原里奈さんもモナコへ留学中。

世界へ通用するダンサーは、やっぱり世界で学ばないと叶わないという事でしょうか。

 

 

金原里奈 バレエ

 

金原里奈さんの出身は、京都府。

京都府宇治市宇治矢落にある公立中学校「立命館宇治中学校」を2013年に卒業しています。
高校は「ルネサンス豊田高等学校」。通信制の高校です。

今は、モナコにクラシックバレエ留学をしているので、登校日の少ないこの高校を選んだようです。

 

 

5歳の時から、京都府城陽市にある「水野弘子バレエ学園」でバレエを始めました。

小4の時に「プロを目指してコンクールにたい!」

個人レッスンを始めたそうです。

先生曰く
「努力や集中力、精神力が他の生徒とは違った」

 

中学2年生の時に「ユースアメリカグランプリ2012」日本予選のジュニア部門で優勝。

2年連続でのニューヨーク決戦に出場しました。

kanehara

その後、モナコ プリンセスグレース・バレエアカデミーの奨学生となりモナコで頑張っているそうです。

 

今後の進路ですが。

イングリッシュ・ナショナル・バレエ団に入団がきまったそうです。

 

そして、・・

熊川哲也さんが総合監督を務める舞台「オーチャード・バレエ・ガラ」に出演することが決定しました。

 

金原里奈さんが、世界で有名なバレリーナになってくれることを期待しています。

-バレエ
-