木南晴夏 留学?韓国人?英語と韓国語が得意なバイリンガル

スポンサーリンク


NHK朝ドラのマッサンで、マッサンとエリーの養女を演じた木南晴夏さん

あまりにも、自然な英語なので朝からびっくりした人も多いはず!

留学していたとか、韓国人などの噂があるけど、どうなんでしょう?

 

kinami2

木南晴夏 (きなみはるか)

誕生日 1985年8月9日
出身地 大阪府豊中市出身
身長  162cm
所属  ホリプロ

 

 

木南晴夏 女優歴

きっかけは、
「ホリプロ NEW STAR AUDITION 〜21世紀のリカちゃんはあなた!!」でグランプリ受賞。

長い名前のオーディションですね~

 

これ、有名なホリプロスカウトキャラバンとは違うんですね。

リカちゃんのイメージがあったということですよね。

このあと、ホリプロ所属の酒井彩名、あびる優、木南晴夏の3人でLicca(リッカ)という
アイドルユニットを結成しました。

 

kinami1

 

2008年に國學院大學文学部を卒業。

映画「20世紀少年」では小泉響子役を演じました。

「漫画とそっくりだ!」と話題になりましたね。

そして数々のドラマに出演し、NHKの朝ドラ「てっぱん」に出演。

そして「マッサン」に出演しました。

 

木南晴夏 英語と韓国語

英語が話せるのは、通っていた國學院大學でマスターしたそうです。

「日常の英会話程度は話せる」レベルということですが、それだけでもじゅうぶんすごい。

ふつうは大学まで勉強していても、話せないですもん!

マッサンでのエマは、お母さんのエリーに英会話を教えてもらったという設定でした。

あので、留学であまりにネイティブな発音になってもおかしいですし、

ちょうどよいレベルですよね。

 

韓国語のほうは、ドラマ「素直になれなくて」で元東方神起のジェジュンが演じるパク・ソンスの妹パク・ミンハを演じました。

で、ドラマの中でパク・ミンハは韓国に帰ってしまうんですね。

「韓国人ではないのか?」というのは、これのせいだったのかも。

ドラマのために、韓国語の勉強をしたそうです。

こちらのほうは、韓国の人が「韓国人かと思った!」と思うほどのレベルとのこと。

 

演技のためにここまでする女優さん。
なかなか聞いたことがないですよね。

努力家の木南晴夏に注目していきたいと思います。

 

-
-, ,