お役立ち

車内の臭いを消す方法 タバコの臭い予防法はかんたん!

スポンサーリンク


車内がいやな臭い!タバコ臭い!

 

快適なドライブが台無しになってしまいますよね。

臭いは車酔いの原因にもなります。

 

中古車などでは、すでに臭いが染みついてしまっているものも。

染みついてしまった臭いの消し方をご紹介します。

 

車内でタバコを吸う方の、臭いの予防法はかんたん。

kusai

車内に臭いを残さないための予防

車内でタバコを吸わなければ一番なのですが

そうもいかない方へ。

 

タバコを吸う時は、運転席側の窓を15cmほど開けます。

そして、後部座席の左側の窓を5cmほど開けます。(右ハンドルの場合)

つまり対角線側の窓ですね。

 

こうすると、タバコの煙が運転席から、後部座席の開けた窓に流れていきます。

これは、空気は気圧の高い側から、低い側へ流れるからです。

tabako

ポイントは、運転席の窓よりも後部座席の窓は少なく開けることです。

この方法は、車内が暑くなって風を通したいときにも使えますよね。

 

 

車内の臭いを消す方法

■エアコンフィルターの交換

車内を循環する空気は、エアコンフィルターを通してもやってきます。

ここへタバコの臭いがついていると、いつでもタバコ臭いことになります。

外してみてください。黒くなっていませんか?

自分で作業できない場合は、カーショップへ。

数千円で交換できます。

 

■室内清掃

中性洗剤を含ませた雑巾で、室内を拭きましょう。

シートはもちろんのこと、ドア、ダッシュボード、ドア。

面積が広い天井も忘れずに。

フロアカーペットは、外して洗剤洗い、水洗いをします。

 

■除菌消臭剤

市販されている除菌消臭剤も効果があります。

室内清掃で拭いた部分にたっぷり吹き付けます。

1本使い切るくらいの勢いで良いと思います。

ただし、吹き付けた後は水分が飛ぶまで、ドア・窓は開けておきましょう。

 

■オゾン脱臭機

オゾン脱臭機は強力です。

特に室内でペットを飼っている方はご存じではないでしょうか?

オゾン式は、臭いの元を分子レベルで分解します。

薬剤補充やフィルター交換などがないから楽ですね。

 

車用のオゾン脱臭機は、シガーライターから電源を取ります。

シートに染み込んだタバコの匂いを分解して消臭してくれます。

 

密閉された空間だからこそ、臭いは気になります。

これらの方法で、解決しましょう。

 

-お役立ち
-