読み物

映画化された人気漫画のオススメランキング【絶望系】

スポンサーリンク

 

『映画もいいけど、やっぱり原作漫画が一番面白い!』

 

kyojin

 

最近は、漫画が原作のアニメや映画が多くなっていますよね。

漫画売れる⇒アニメ化⇒映画化はもう定番となっています。

 

しかし!

アニメ化ならまだしも、映画実写化のハードルは高く・・

 

え、ナニコレ

といった映画もあるのも事実(個人的感想^^;)

 

漫画の主人公を演じるのは、たいてい知っている役者さん。

イメージがイコールとなる事は、ちょっと難しいですよね。

 

漫画は面白いのに、映画を観て「つまらん」と思ってほしくない!

そこで、今回は最近映画実写化された人気漫画(原作)を、独断と偏見で勝手にランキング。

オススメを紹介しちゃいます。

漫画って面白いですよ~

 

 

それでは、映画実写化された漫画のベスト3を発表していきたいと思います。

 

今回のテーマはすべて【絶望系】で揃えました。

 

ぁぁもうだめなのか・・

から

一筋の光が見えるのか?見えないのか?

 

no3

テラフォーマーズ

 

tera3

出典:http://www.amazon.co.jp ↑クリックで拡大表示

このマンガは進化を遂げたゴキブリと戦う話です。

 

話は、地球の人口増加を受けて第2の居住として選んだ火星にて。

人間が火星に住めるよう海苔とゴキブリを使ったテラフォーミング計画というものを実行しました。

 

人間が調査のために火星に降り立つというところから物語りは始まります。

調査をし始めた際に、進化を遂げたゴキブリに人間が襲われるわけなんですが・・

 

気持ちわるっ

 

最初のゴキブリの登場シーンにはびっくりですよ。

あなたが思っているゴキブリは小さいですよね?

あのゴキブリがこんなになっちゃうのかっ!?と想像を超えます。

 

一旦はゴキブリに返り討ちに遭って、撤退を余儀なくされます。

人間側もゴキブリに対抗すべく取り入れたのが

バグズ手術

 

簡単に言うと、動物の遺伝子を取り込んだ特殊能力持ちの人間を開発すること。

再度火星に向かって、ゴキブリ達と戦闘を繰り広げていきます。

 

このバグズ手術というのも大変興味深いんですよね。

漫画では、動物の特徴や技を詳細に説明した上で戦闘シーンが始まります。

これは、作者自身が大変勉強をして描いたな~。と感心します。

 

ゴキブリとの戦闘というストーリーは、今までにない発想なんじゃないでしょうか。

無数のゴキブリが襲ってくる絶望。

これを感じたい方は、是非このテラフォーマーズをオススメします。

 

 

no2

アイアムアヒーロー

 

hideo

出典:http://www.amazon.co.jp ↑クリックで拡大表示

平凡な日常を送っていた漫画家のヒーローこと鈴木英雄。

この英雄が、謎の感染で広がったゾンビたちから生き延びていくというお話です。

 

最初の展開は普通の話から始まるのですが・・

いつの間にかホラー漫画に変わる瞬間があるんです。

 

あなたの大事な人がゾンビとして襲ってくるとしたら・・どうします?

このシーンはとても圧巻で見ごたえありです。

 

とあるきっかけで知り合った女子高生との出会いを通じて

絶望的だった現実から、微かな希望が見えて話は大きく進むのですが・・

 

もうこの時点では、街の至る所でゾンビ化が進んでいます。

幾度となく危険な場面に遭遇するのですが・・逃げ延びることができるのか?

 

普段頼りない英雄なんですが、散弾銃を持ってゾンビに向かっていくシーンは、なんだか格好いい!

特に最初に銃を撃つ場面では、「相手は元は人間だ」という思いと、「これはゾンビで撃たないと殺される」

 

という恐怖のドキドキ感がものすごく伝わってきます。

この描画は是非見てもらいたいですね。

 

基本ゾンビの話なので、グロテスクな絵が随所に見られます。

でも、思わず笑ってしまう場面があったり、面白いキャラクターが色々登場したり。

話が進むに連れて次の展開はどうなるんだろう?という期待が膨らんでくる作品です。

 

大事な人がゾンビとなり襲ってくる絶望感

こんな時、自分はどう行動するんだろう?

そんな思いを感じてみたい方は、アイアムアヒーローをオススメします。

 

 

それでは、絶望系人気漫画ランキング第1位の発表です。

 

これはもう超有名なので、知っている人は多いかもしれませんが。

アニメや映画は観たけど、原作の漫画は観た事ないという方もいますよね?

 

no1

進撃の巨人

進撃の巨人(19) (週刊少年マガジンコミックス)

 

「人間と巨人が共存する世界」

 

こんな非現実的な世界観にとても引き込まれる漫画です。

 

ある日突然現れた巨人の出現で、100年以上続いた平和が突如壊される。

こんな風にストーリーは始まります。

 

大型巨人が壁を壊して進行してくる
無数の巨人が人間を捕食する
人間が逃げ惑う

 

もう、これだけで絶望漫画のNo.1の称号を与えるにふさわしいんじゃないでしょうか。

 

もしあなたが巨人と戦うとしたら、どんな武器を考えますか?

銃?爆弾?

 

母親を殺された主人公エレンの訓練生時代の話です。

人間が巨人と戦うために「立体起動装置」という武器を使うシーンがあります。

 

この装置もまた、ものすごく考えられたものだな~という感じ。

こんな細部まで設定して作られてるのか!と驚きですよ。

 

ちなみに、コレ。アニメと漫画では少し違うんですね。

なので、ぜひ漫画も見てもらいたい!

 

実際に巨人と人間が戦う場面は躍動感があり、見ていて飽きませんよ。

 

通常の漫画だと、主人公はじめ主要メンバーが死なないのがお約束。

でも、この漫画は主人公含め登場人物がいつ死ぬかわからない・・

というドキドキ感がずっと続きます。

 

次のストーリーが予測できないんですよね、次はどうなるんだろう?と。

 

まぁこれだけ売れたのは、作者の絵やストーリーが相まって「早く続きが読みたい」という衝動にかられてしまうからだと思います。

 

まだストーリーは完結していません。

お話は現在佳境に入り、漫画の初期から謎に包まれていた部分が徐々に明らかになってきています。

「進撃の巨人」大好き人間たちは、インターネット上で色々な仮説や立てて熱弁をふるっています(笑)

 

巨人に捕食される絶望・・

そんな思いを感じてみたい方は、進撃の巨人をオススメします。

 

これは絶望系No.1の漫画と断言できます。

是非手にとってお読み頂ければと思います。

 

matome

やっぱり原作漫画は面白い。

 

映像化されていない分、作者の意図を自分なりに解釈したり、次の展開を予想したり。

そして、裏切られたりと。

 

映像よりはチープな情報から、色々な事を想像してみてください!

 

なんて面倒くさいことは言いません(笑)

たまには、単純に日本文化の漫画を楽しんでみましょう。

 

スポンサーリンク


-読み物
-