又吉先生 芥川賞の賞金、副賞よりも手に入れたものは多いよね

ピースの又吉直樹さん、小説「火花」で芥川賞受章

 

ピースの又吉直樹さんが、第153回芥川龍之介賞を受賞しましたね。

この作品は、今年の三島由紀夫賞も、決選投票まで残ったので、

注目されていましたが、見事受賞となりました。

matayoshi

 

受賞となると、賞金が貰えるの?

気になってしまいますが・・

 

もちろん、受賞者の皆さんは「純粋に文学を書きたい」という思いのこもった作品と理解しています。

それが、芥川賞=純文学 ですからね。

 

芥川賞の賞金、副賞

 

正賞は

懐中時計

longine

 

副賞は賞金

100万円

100man

 

賞金と副賞が逆ではないの?

ゴルフとかで優勝すると、↓こんな感じなのに。

「優勝者には、賞金ン千万と、副賞としてBMWが贈られます~」

 

 

元々は、受賞者には賞金のみを考えていたようですが

「記念に残る品物を正賞にして、賞金は副賞にすべき」

という意見が取り入れられました。

 

正賞の懐中時計は、ロンジン、オメガ、セイコー・・などブランドはバラバラだそうです。

 

なぜ懐中時計にしたの?

芥川賞設立(1935年)当時は、懐中時計が高価な物だったということ。

また、「懐中時計なら質屋に入れやすいから」という事も考慮されていたとか。

こんな大事な賞の、正賞を質に入れた人はいるんでしょうかね。

 

 

副賞100万円

 

有名な賞の割に100万円では、ちょっと安いような気がしませんか?

直木賞も同じ賞金です。

 

まずは、賞金の推移を。

第1 回~第20回(1944年)⇒500円
第21回~第31回(1954年)⇒ 5万円
第32回~第56回(1966年)⇒10万円
第57回~第65回(1971年)⇒20万円
第66回~第79回(1978年)⇒30万円
第80回~第99回(1988年)⇒50万円
第100回(1988年)~⇒100万円

当時の物価に合わせるように上昇していきました。

 

ちなみに20回までの賞金500円は

「質素な暮らしをするなら相当食べていける」額だそうです。

 

で、100万円ですが、確かに賞に見合った金額でなないかも。

しかし、

 

今までの作品も売れる

芥川賞作家の冠もあり、

今後の作品も売れる

 

事を考えたら、そうでもないかもしれませんね。

-
-,