注目News

ミロ(Milo)の味 変更でニュージーランド抗議 日本の味は?

スポンサーリンク

 

子供のころから飲んでいた、ココア風味の「ミロ(Milo)」
味が変わった!と抗議続出の理由は?

 

あっかい牛乳でもよし、冷たい牛乳でもよし

ココアとまた違った味でおいしいですよね。ミロ。

 

ニュージーランドで、

「味が変わってうまくない!」
「驚いて、シンクにぶちまけちゃったわ!」

消費差から猛烈にクレームが上がっています。

ミロのFacebookへの書き込みがやまないという・・

 

いったい何が原因で、そんなに味が変わったの?

日本で販売しているミロの味は?

 

milo1

 

ミロの原材料配合を変更

 

ミロはの原材料

麦芽、ココア、脱脂粉乳、ミネラル、ビタミン、蛋白質や鉄分などの栄養素。

と見れば、配合を変えても味が変わりそうもないんじゃ?と思いますね。

 

今回変えたのは、ミネラル、ビタミンの配合

ビタミンA、ビタミンB1がなくなって

ビタミンD、B3、B6、B12をを加えたそうです

 

もちろん、理由はちゃんとあります。

体内の余分なエネルギー放出をサポートするためビタミンB群
強い骨を構築するためのビタミンD、
アクティブな子供たちを最高の状態にするために役立つ

 

そしておそらく味の原因はこれ↓では?

パーム油を追加したことと、バニラ香料を外したこと。

 

milo

 

ミロが飲まれている国

milo2

 

元々ミロの発祥地は、オーストラリアです。

ネスレ・オーストラリアのトーマス・マインが、世界恐慌の影響で栄養が不足していた
子供達のために考案しました。

今では世界40か国もの国で飲まれています。

日本では1973年から販売されています。

 

どうしてニュージーランドで騒動に?

まず、日本のミロの味は?

成分は同じなので、味に敏感な人は分かるかもしれませんね。

 

オーストラリアのミロのHPによると

「ニュージーランドの人々は、熱いミロを飲む傾向にあります。
ここオーストラリアでは、冷たいそれを飲む傾向にあります。」

確かにホットで飲むと、より成分の味がするのは分かりますよね。

 

ちなみに、牛乳に溶かす時はすぐにかき混ぜると「ダマ」になります。

牛乳にミロを入れてから20~30秒ほど放置。

そしてかき混ぜると溶けやすいですよ。

 

こんなに大騒ぎになるほどに、ニュージーランドの人はミロが好きなんですね~

しばらくしたら、味にも慣れて収まっていくでしょう。

「アクティブな子供たちを最高の状態にする」ために施した成分変更なのですから。

-注目News