家庭

妊婦は腰が痛い!貼って良い湿布はこれ!ロキソニンテープはどうなの?

スポンサーリンク

 

妊婦さんは湿布を使ってはダメ?!

 

お腹が大きくなってきたり、なかなか運動ができなかったりで、肩こりや腰痛に悩んでいる妊婦さんも多いのではないでしょうか?

妊娠初期では、ホルモンのバランスで腰が痛くなる妊婦さんも多いようです。

 

後期になり、お腹が大きくなると、お腹を支えるためにお腹を前に突き出すことによって、腰痛がひどくなることもあります。

 

iryou5

 

とにかく妊娠中は腰が痛い!

ロキソニンテープは貼ってもいいのかな?

 

いつもなら湿布を貼って痛みを和らげているところですが、妊娠中は湿布を使ってはいけないとどこかで聞いたような。。

やっぱり使うのが心配。というあなた!

 

実は、妊娠中の妊婦さんでもつかえる湿布があるんです。

今回は、使える湿布と使えない湿布をご紹介します!

 

湿布でも腰痛が治まらない方に、オススメの情報もあります。

 

 

妊娠中はなんで湿布を使ってはいけないの?

湿布には、筋肉の炎症を抑えるために、血管を収縮させ冷却するという効果があります。

使用すると、湿布に含まれるケトプロフェンという成分が胎児に影響を及ぼし、肺高血圧症になる事例かあった事から、厚生労働省が2014年に『ケトプロフェンは妊娠後期には使用禁忌』と定めたことが始まりです。

何となく知っていたけど、知らなかったなぁという方も多いでしょう。

 

妊婦さん使用NGの湿布

・ロキソニンテープ

・モーラステープ

・フェイタス

など

roxo2

 

注意!

第1類医薬品の外用消炎鎮痛剤は、妊娠中に使用することは推奨されていませんので、しっかりとパッケージチェックして下さいね!

 

こんな注意書きがあります。

roxo1

 

 

妊婦さん使用OKの湿布

・アンメルツヨコヨコ

・サロンパスA

・サロンパスローション

・腰痛パテックス

・パテックスうすピタシップ

など

 

こんな注意書きがあります。

 

Q3. 授乳、妊娠期に使っていいですか?

A3.パテックスうすぴたシップについては特に授乳、妊娠期での使用に問題はありません。

フェルビナク製剤は妊娠期には使用できません。

 

パテックスにも「フェルビナスター」という商品がありますが、これはNGということですね。

 

 

どうしても心配。

だけど、自分の体も限界!という方は、各部位を温めて血流の流れを良くすること!

 

温めると血流も良くなり、部分的に温めているので妊婦さん特有ののぼせも気にせず、体は楽になります。

妊婦さんでもできるストレッチや軽い運動で全身をリラックスさせて、血行をよくするのも効果的です!

 

特におすすめなのがマタニティヨガ。

腰痛や足のむくみ、おなかの張りはもちろんの事。

初めての出産が不安でたまらないとナーバスになっている心もほぐしてくれます。

そして、陣痛を軽減するような体造りも目的です。

 

大事な命を守っているのですから、自分のお身体も労ってあげてくださいね。

たまには旦那さんに

肩もんで〜

腰マッサージして〜

と甘えてみましょう!

 

腰が痛くなったら骨盤ベルト

 

一時的な痛みを取るなら湿布でもよいですが、

たぶんこの先ずっと重く感じるはずです。

骨盤ベルトの「トコちゃんベルト」妊婦さんにこれは必需品です。

楽天でもかなり売れています。(レビュー数が13000件)

 

 

-家庭