陸上

岡本春美 陸上の群馬常盤高校の駅伝選手 家族は?

スポンサーリンク

 

駅伝の強豪校で有名な「常磐高校」
ここで、走ることの才能を開花させた岡本春美選手

陸上を本格的に始めたのは、高校に入ってからというから驚きですね。

 

無名だった選手がどうして注目されるようになったの?

ハーフ?、家族は?

 

okamoto2

 

岡本春美(おかもとはるみ)
生年月日 1998年2月7日
出身地  群馬県
身長   158cm
体重   41キロ
出身校  太田市立南中学校⇒常磐高校

 

岡本春美 陸上のきっかけ

7歳の時に空手を始めました。

中学までは空手部に所属していて、二段を獲得。

関東大会にも出場したそうです。

そうなんですね。このときまでは、駅伝というか陸上をやっていなかったんです。

 

中学3年の時「太田市立南中学校」の駅伝のメンバーとして、太田市内の大会に出場しました。

結果は3位。アンカーを走りましたが、区間でも25人中6位の成績でした。

そして、群馬県の駅伝に出場しましたが、結果は39位。

 

まぁ本格的に陸上をやっている選手ではないので、そうなりますよね。

ではどうして、高校駅伝の注目選手になったのでしょう?

 

常磐高校の高木監督からのスカウトだったんですね。

太田市内で駅伝の練習をしていた岡本春美選手を、偶然見かけていて

「長い脚と、ぶれないフォーム。化けるかも!」

と思ったとのこと。

 

駅伝の大会で見かけたのではなく、練習をたまたま見かけてなんですね。

運も持っているということでしょう。

 

それよりなにより、高木監督がすごいですよね。

才能を見抜き、ここまで育てているんですから。

 

 

岡本春美 常磐高校での駅伝

推薦ではなくて、一般入試で合格したんですね。

常盤高校に入学してから、才能を開花させていきました。

 

腰まであった長い髪の毛もばっさりと切って、打ち込んだそうです。

 

最初のころは、思うようにタイムが出ずに悩んでいたり

監督に「辞めた方がいいのでは?」と言われる事もあったようですが。

「どんなに練習がつらくても、 辞めることは頭の片隅にも浮かばなかった」
と。

この心の強さがトップアスリートになる最低の条件ですよね。

 

京都での全国高校駅伝女子大会では、4区3キロを9分10秒で走り、区間賞を獲得しました。

区間記録まで、あと11秒でした。惜しい!

 

2014年の長崎国体では3000mで優勝もしました。

 

岡本春美 家族

彫りの深い顔立ちから分かるように、

お父さんがブラジルと日本のハーフ
お母さんがブラジル

なんですね。

 

兄弟はお姉さんがいるようです。

妹さんへの応援ツイートですね。

okamoto

 

 

最近まで、陸上競技では無名だった岡本春美選手

「将来は実業団に入って、五輪に出られたらいい」と語った夢に向かって

がんばれ!

 

東京オリンピックをめざすオリンピアン

猪又涼子 新体操 伊那西高校

岸田留佳 テコンドー

東莉央、晟良フェンシング

岡本春美 陸上の群馬常盤高校の駅伝

上田ゆい ピストル

井上真帆 水泳

池江璃花子 水泳

みうみま 平野美宇 伊藤美誠

 

-陸上
-