相撲

大相撲トーナメントは八百長なの?賞金はいくら貰えるのか

日本大相撲トーナメント

 

日本大相撲トーナメントは毎年2月の初め日曜日に開催されます。

 

hanasumo

テレビ中継を見ていると、横綱が早々に負けたり、土俵際での粘りがなかったりと。

どうも真剣勝負に見えない!

これって八百長じゃないの?

と思う方もいるんじゃないでしょうか?

 

その理由を見てみましょう。

賞金はガッツリ出るんですよ。

 

 

日本大相撲トーナメントとは

 

日本大相撲トーナメントは花相撲です。

 

花相撲って?

ここで勝っても負けても、番付には影響なし。

みんなを楽しませるための興行。エンターテイメント的な相撲です。

野球でいうとオールスターゲーム的な感じですね。

 

 

だからと言って八百長みたいに負けるのか?

これはそうではありません。

大相撲トーナメントは賞金総額1132万円。

優勝力士には賞金250万円+勝ち数の賞金で300万円くらい貰えます。

みんな優勝を目指して頑張りますよね。

 

ただし・・

開催時期は、1月場所が終わって3月場所が始まるちょうど中間の2月。

まだ休んでいる力士や、稽古をし始めた力士さまざまです。

 

個人個人でコンディションが違うのは仕方がないですよね?

もっと言うと、ここで怪我をしたら3月場所に間に合わない!

 

ということで、真剣にはやるが、コンディションを調整しながら怪我をしないように。

これが、大相撲トーナメントです。

 

hanasumo2

 

なので、番付が下位の力士が優勝することがたま~にあるんです。

実際はあまりないですけど・・歴代優勝力士を見てみると

 

第30回~32回 朝青龍
第33回 白鵬
第34回 豪栄道
第36回 白鵬
第37回 鶴竜
第38回 碧山
第39回 日馬富士
第40回 白鵬

やっぱりほとんど、横綱や大関が優勝しています。

 

大相撲トーナメントのテレビ放送

この大相撲トーナメントの主催者が「フジテレビジョン」

ということで、

フジテレビ系列でテレビ放送されます。文化放送のラジオでも流れますね。

幕内トーナメントが中継されます。

 

大相撲トーナメントの座席・チケット

一番高いタマリ席から普及席まで色々な席種があります。

sumokakaku

 

高い順だとこんな感じ。

タマリ席(1人)   14,500円
マスA席(4人)   45,600円
マスB席(4人)   37,200円
ペアマスB席(2人) 21,600円
ペアマスC席(2人) 17,600円
マスC席(4人)   31,200円
ペアマスC席(2人) 17,600円
イスA席      7,300円
イスB席      3,200円
普及席(大人)   1,000円
普及席(小人)    200円

 

 

割とけっこうなお値段がしますが、タマリ、ペアマス、普及席は早めに完売します。

その席を狙いたいなら、売り出されてすぐに買いましょう。

だいだい11月の初めからチケット販売が開始されます。

 

幕内トーナメント戦の前には、十両トーナメント戦や相撲普及講座などイベントもあります。

だいたい6時間もの間、どっぷりと相撲を楽しむことができますよ。

そう思ったら高くないかな?

 

 

大相撲トーナメントは「花相撲」という事を知っていれば、

真剣さが足らん、けしからん!

なんて憤慨することもないのでは?

本場所のガチ相撲もいいけど、エンターテイメント的な相撲もいいですよ!

 

関連記事:
横綱・白鵬の年収やスー女

 

-相撲
-