行事

お歳暮商戦の都合で、関東で送る時期が早まっている!

スポンサーリンク

 

お世話になっているあの人へ。日頃の感謝を込めて贈るお歳暮

お歳暮

 

毎年贈っている「お歳暮ベテランの人」は、この時期にこの値段でと決まっていると思います。

初めて贈るという方は、いつぐらいに、どのくらいの値段のものを送れば良いかわからない!

 

という事で、お歳暮を贈る時期、値段の目安をチェックしてみましょう。

関東と関西では送る時期が違うようなので、この辺も気を付けて。

 

 

お歳暮を贈る時期

お歳暮というくらいなので、12月という事は確定でしょう?

 

昔からお歳暮は「正月の準備を始める」とされている12月13日から20日までに贈るものとされていました。

自分で風呂敷包みを持って訪問する形式だったので、だいたいの日にちが決められていたんでしょうか。

 

貰う方としても、予定や迎える準備がありますからね。

その風呂敷のサイズも「正式な作法」として決められていたとか。

現在ではデパートの紙袋の方が一般的ですね。

 

今ではほとんどが配送。

なので、その日程も様変わりしてるんでしょうか?

 

お歳暮の目安の時期は

関東(特に東京)  vs  北海道、東北、東海、関西、九州

という構図になりました。

 

関東    ⇒12月初旬 ~12月20日くらい
その他の地域⇒12月13日~12月20日くらい

 

関東フライング!

関東では贈る時期が早いんですね。

 

理由は「デパートのお歳暮商戦の始まりが早いから」。

東京だけでなく都市部ではお歳暮を贈る時期が早まっているようです。

これって、「贈る方」だけの都合じゃ?

 

関東の人が関西の人に贈るとか、その逆とかはどうなる?

の疑問はありますが↓にしておけば問題なし!

 

という事で、「お歳暮を贈る時期は12月中旬までに」

 

 

お歳暮の時期を過ぎてしまったら?

 

12月31日までは「お歳暮」とされています。

上で書いたように、「12月の最終週は何かと忙しいので、20日くらいを目途が良い」とされていますが。

でも今は配送なのでいつでも良いような気が・・

 

1月になってしまった!

その時は「熨斗(のし)」を変えましょう。

ここでも、関東と関西のしきたりは違います。

関東⇒
1月1日~1月7日まで「御年賀」
1月8日~2月4日まで「寒中御見舞」

関西⇒
1月1日~1月15日まで「御年賀」
1月16日~2月4日まで「寒中御見舞」

 

お歳暮の値段の目安は

あなたの年齢や、お世話になっている度合いで値段は変わりますが、だいたいの目安を。

・特別お世話になった⇒5千円~1万円
・上司⇒5千円
・知人⇒3~4千円

 

要は気持ちですので、値段にこだわらなくても良いかと。

その人を思い浮かべて「これは喜んでくれるかなぁ・・」と思った物を贈りましょう。

もちろん、その人の家族構成や嗜好を考えて選びましょう。

お酒飲めない人が、ビール詰め合わせを貰っても困るし^^

 

まとめ

もしもお歳暮を上司贈るなら

12月中旬までに
5千円くらいの
その人が好きそうな品物を贈る

参考にしてください。

 

-行事
-