家庭

パルシステムの離乳食にしたら超ラク!これはレシピで迷うことなし

 

一生に一度。この時期だけの離乳食だから。

パルシステムの無添加にこだわってみたら時短&ラクチンになった!

 

やっぱりわが子のために、離乳食用には国産の食材や、無添加の物を利用したい!

 

でも、そんな安心して使える食材すべてが、近所のスーパーに売っているわけではないんですよね。

 

特に困ったのが、ツナ缶!

ツナ缶はとっても扱いやすいので、よくうちの離乳食レシピに登場します。

 

しかし!

近所のスーパーで取り扱っているのはオイル煮のツナ缶だけ。

そう、あのシーチキンですね(^^;

 

「離乳食には水煮のものを使うように」

ということなので、水煮缶を探したのですが、近所のスーパーに置いてない・・

ホント、手に入らず困っていました。

 

そんな話をママ友にしていたら

  「うちはパルシステムの水煮のツナ缶使ってるよ~」

とのこと、口コミも調べたら良さそうなので、さっそく資料請求してみました。

 

資料を持ってきてくれた担当の方いわく

「ツナ缶以外にも無添加食材を多く取り扱っているので、離乳食に使う方は多いですよ」

と説明を受け、パルシステムを利用することに決めました。

 

 

うちでのパルシステムの離乳食レシピを公開!

 

パルシステムって、他の生協よりも無添加や国産の野菜を扱っているので、安心して離乳食に使えます。

そして、それらを使った冷凍食品の取り扱いが多いのが助かる!

 

 

 


ほとんどが、アレとコレを入れて、レンジでチン!でできあがり!


うらごし野菜も、キューブカットされているので楽々!

 

うちのレシピをちょっとご紹介。

 

 

特に活用しているのが、やっぱり水煮のツナ缶です(笑)

まず1缶開けて湯通しし、冷凍しておきます。

1缶で6食分くらいになるので、1週間くらい使えますね。

別に茹でて冷凍しておいた大根と一緒にレンジでチンして、煮物風にしています。

 

 

あと、ほうれん草や小松菜と和えてサラダ風にすることもあります。

うちは少し食が細いのですが、ツナと一緒だとよく食べてくれるので、助かっています。

 

 

他には、冷凍のミックスベジタブルが秀逸!

これは玉ねぎや人参、コーン、かぼちゃなどが後期食くらいのサイズにカットされているので、

ひとつかみして、レンジでチンするだけで一品になります。

 

 

軟飯と混ぜ、その上にチーズをかけてレンジでチーズを溶かしグラタン風にすると美味しいです。

 

 

片栗粉でとろみを付けたスープを作り、ミックスベジタブルでコンソメ風スープにしても雰囲気がでますよ。

 

野菜を細かく切るのは大変なので、ミックスベジタブルは時短にもなるし、とても助かってます。

 

ただ、袋がジッパーになってないので、悪くなってしまわないように自分でジップロックに移し替えていますが、手間はそれだけですかね。

 

カタログには離乳食レシピのヒントがたくさん

 

もう一度書きますが、パルシステムは国産や無添加の食材が多いので、安心して離乳食に使えます。

 

 

 

離乳食、いつも同じものしか作ってないな~

という方も安心。

 

毎週届くカタログには、離乳食レシピが掲載されているんです。(300点以上も)

 

何を作ったらいいかわからない時には、ヒントにもなりますよ。

(これ、スマホのアプリからも見ることができます)

 

食材も初期~完了期まで、「いつの時期から使えるか」が載っているので選びやすいです。

 

もちろん、レシピに使われている食材は、全てパルシステムで買えるようになっています。

スーパーに行って買い足す必要もなし!だから、簡単に用意できます。

 

そうそう、スーパーに行く必要もあまりないんです。

重いミネラルウォーターや、かさ張るオムツも玄関まで持ってきてくれます。

 

 

最後に、普通にはなかなか売っていない「水煮のツナ缶」は特にオススメです。

くどいヨ。って感じですか(笑)

 

パルシステムのサイトから「赤ちゃんも安心おためしセット」が500円(送料無料)で手に入ります。

(裏ごし野菜、うどん、かぼちゃグラタン)

 

なので、どんな物なのかな~と気になる方は、取り寄せてみるのもいいですよ。

(入る入らないは別としても)

 

お試しセットのサイトはここから入れます。

 

パルシステムの離乳食「赤ちゃんも安心おためしセット」

 

-家庭,
-