食パンがおいしいお店ランキング【東京ではココがおすすめ!】

スポンサーリンク

 

『東京で絶品の食パンを焼いてくれるお店知ってる?』

morning

 

朝食は「ごはん」より「パン」という方も多いですね。

そういう私も毎朝食パンを食べています。

 

そもそもパンはフランスからの物が多いですが、食パンはイギリスから。

ただ、今日本にあるあの大きさの角食パンは日本独自のものなんです。

世界中探しても、日本ほど発展した食パン文化はないんじゃないでしょうか。

 

前置きが長くなりましたが。

おいしい食パンを食べてますか?

 

スーパーにおいてある食パンも確かに美味しい。

でも、それをはるかに上回る食パンを食べてみたくないですか?

 

食パン大好きの私が「これはっ」と思った食パンをランキングで紹介してみます。

東京近郊のパン屋さんなんですが・・

それでは発表します。

 

 

no3

濱田家の絶品 角食パン

hamadaya

HP:http://hamada-ya.jp/

 

濱田家の角食パンの特徴と言えば、なんといっても柔らかさです。

 

角食パンを買う時は、必ず一本丸々買うのですが、フワフワしていてとても柔らかいので、帰るまで気が抜けません。

 

そして、焼き立てだと更に気を付けて持ち帰るほど。

家に着いてからも慎重に。

無造作にドンと置いたり、汗で腰折れしてしまう事もある程の柔らかさなんです。

 

濱田家独特の味。

分かりやすく言うと、プレーンのホットケーキ?

甘みを感じやすい角食パンです。

 

噛むとより甘さを感じられます。

でも、しつこい甘さでは無いのでとても心地いい加減です。

 

香り

先程説明した通り、甘さがあります。

なので、香りもホットケーキのように甘い香りもありつつ、小麦の香りが合わさりつつ良い香り。

 

他のパン屋さんでは、なかなか無い香りなので是非1度香ってみてください。

特にお子さんは好きそうな香りなんじゃないでしょうか。

 

食べ方

絶対に厚切りです。

 

生地の甘さや、心地いい香りが特徴的なので厚切りにする事でより、良さが増します。

そして、バターをたっぷりつける。

パンの甘さとバターの塩見がとてつもないバランスで、美味しいです。

 

ホントやわらかいので、コシがしっかりした食パンじゃなきゃ嫌だ!

という人には向かないかもしれません。

 

でも、厚切りにして食べてみてください。好きになるかも?

 

 

no2

パン・ド・ナノッシュ 角食パン

ナノッシュ

HP:http://nanosh.net/

 

ナノッシュの角食パンは、毎日食べられる程飽きのこない感じです。

 

味や硬さにあまりにも特徴ありすぎると、食欲がない朝なんかは食べにくいですよね?

ナノッシュの食パンは、とてもバランスが取れている感じの食パンです。

柔らかさや甘さを控えめにして、毎日食べる事を前提として作っていくれているような気がします。

 

とても優しい味。

生地自体にはしつこい甘さはなく、噛めば噛むほど甘さが増してくるパンです。

 

焼き立てはとても味がわかりやすいです。

甘みが程よく、水分もしっかり残っているので、おいしいです。

 

香り

他のパン屋と比べると、少し香りは抑えめです。

香りが抑えめとか弱いというと、マイナスイメージに思いますか?

 

違うんです。

そうではなく、先ほど書いた通り、毎日毎朝食べる事を想像してくれている食パン。

なので、朝等にはぴったりですし、飽きがこないということ。

そういった意味で香りは、抑えめがとてもいいです。

 

食べ方

さっぱりした食べ方をオススメします。

厚さはスーパーで売られている食パンの6枚切くらいに、バターも通常通りの食べ方がいいです。

 

そして、この角食パンは耳がいい硬さ。

なので、先にトースターを温めておいてから焼くようにすると、噛み心地のいい食感になります。

 

 

 

それでは、食パンが美味しいお店ランキング第一位の発表です。

 

その前に。

日本とイギリスの食パンの大きさは異なります。

日本は13cmくらいで、イギリスは10cmくらい。

 

食パンが日本にやってきたのは150年ほど前。

その当時の人は、白くて柔らかい部分だけ食べて、ミミは食べなかったそうです。

 

今でもサンドウィッチもミミを切りますよね。

イギリスでは切らないことが多いそうです。

 

ミミを切ると、もちろん食べる部分が小さくなるのでもの足りない。

という事で、日本では少し大きめに作ったのが定着したようですね。

 

さて、第一位の発表です。

 

no1

アトリエ・ド・マヌビッシュのパン・ド・ミ

mannebiches

HP:http://www.mannebiches.com/

 

特徴は、なんといってもキリットしたフォルムがキレイ。

硬そうに感じますがまったく違います。

 

そして、東京の中でも人気はかなりのもの。

角食パンで、味、硬さ、香り、どれをとってもずば抜けています。

 

それを証拠に、店舗へ行っても買えないこと多々あり。。

棚にはズラリと並べられていますが、予約商品です。

毎日食べられる、ずっと食べていきたいパンドミ。

 

食べた瞬間甘みを感じ、噛むほどに甘みが増していくのが分かります。

 

そして、コクが特徴的でもありますが、甘みに消されて気が付かない方もいるかもしれません。

そのくら繊細な感じがします。

 

香り

香ばしいというより、滑らかな焼けたパンの香り。

そして、香りに甘さを感じられます。

 

食べ方

このパン・ド・ミは、前述した通り硬さに特徴があります。

 

そして、ミミがものすごく美味しいです。

もしかするとミミが硬いのはイヤという方も多いと思います。

 

このパン・ド・ミは、耳が硬い事で中の生地に水分が抜けにくい。

なので、ものすごく中の生地がしっとりしています。

ミミはサクサクなのでまったく硬さは気になりません。

 

そして、なによりトーストしなくても十分に美味しいのが魅力です。

やはり水分が逃げにくく出来ていてふんわり、外はカリッと焼かれているからでしょうね。

まだ味わったことない方は、ホームページを見て、買いに行くのをオススメします。

 

 

matome

お気づきのように、東京ではないお店もランキングに入れてしまいました(笑)

 

食パンのためだけに、わざわざ買いに行くの?

と思うかもしれませんが、ハマる人はハマります。

 

わざわざでも買いに行くんです。

それくらい美味しいので、ぜひ一度食べてみることをおすすめします。

 

スポンサーリンク


-