野球

新井が悪いよ カープ黒田とタイガース藤浪の乱闘騒ぎ

スポンサーリンク

 

メジャーリーグから広島カープへ復帰した黒田博樹投手(40)。

阪神タイガースの若きエース藤浪晋太郎投手(21)。

 

藤浪投手が黒田投手に投じた危険球とは。

ネットでは「これは新井が悪い」と話題になっています。

新井が悪いって??

 

黒田 vs 藤浪 事の発端

2回の広島の攻撃で、トップバッターの安部選手がセンター前ヒット。

会沢選手が三振で、ワンアウト1塁。

 

ここで、黒田投手が打席へ。

もちろんここは、1塁ランナーを2塁に進めるためセオリーのバントの構えです。

 

藤浪投手は内角の厳しいところへ投球し、黒田投手はのけぞる

さらにもう一度、バントの構えをする黒田投手に対して内角球。

ひっくり返って、尻もちをつきました

 

藤浪投手は帽子を取って謝罪するも、黒田投手は怒りの表情でマウンドへ詰め寄りました

これを見た両軍ベンチから選手が飛び出し、一触即発

という状況でしたね。

kuroda1

kuroda2

 

黒田がキレた理由

黒田投手の試合後のコメントは

「藤浪君のバントをさせたくない気持ちはよくわかるが、2球続けてきたから。年齢は関係ない。
自分の体は自分で守らねばならない。
あそこで僕がヘラヘラしているようでは、チームにも影響を与えてしまう」

打たせたくないために、バッターの内角を攻めるのはセオリーです。

しかし、バッターが投手の場合は「厳しい内角攻めはやらない」ことが暗黙のルール。

特にメジャーリーグは、この傾向が強いため激高したわけですね。

 

藤浪投手もそのことは承知していて、故意でやったのではないと思います。

投手は、バントされた後の処理をしようと、早くマウンドから降りたい気持ちがあります。

それが理由で、投球フォームが崩れて、結果的に危ない球になってしまったんですね。

 

 

新井が悪い 理由

この件では「新井が悪い」と話題になっています。

 

その「新井」とは。

新井貴浩選手(38)のことです。

いまは広島に在籍しています。

arai

 

「新井が悪い」の語源は、2012年4月11日の広島vs阪神。

広島の福井投手が投げた危ないボールに、阪神のブラゼルが激高し乱闘騒ぎがありました。

 

この時に、この乱闘に全く関係のない新井選手に、広島ファンから

「新井が悪いよ!新井が!」

とヤジを飛ばしたことが「新井が悪い」の語源です。

 

この野次のインパクトが大きく、野球で何かしらの問題が起こると

「新井が悪い」

という話になってるんです。

 

つまり、全くのばっちりなんですよね。

 

また、実弟である新井良太選手も阪神の選手。

表記名は「新井(良)」なので、

新井貴浩選手は、「新井(悪)」と表記されたりもしました(笑)
いじられ役として、いいキャラということなんですね。

色々な意味でファンにも愛されている「新井(悪)」選手にも注目してみてください。

 

-野球