注目News

4代目プリウスの費用の話 CEV補助金25万出るし買おうかな

新型プリウス 今までと何が違う?

 

prius

 

2015年12月。4代目 新型プリウスが発売されます!

世界に誇るトヨタ自動車。その中でもハイブリッド車といえばプリウスですよね!
乗り換えを考えている方もいるかと思います。

今回は、そんな話題のプリウスについて、費用やメリット・デメリットもご紹介します!

プリウスってどんな車?という方にも参考になると思いますよ。

 

 

プリウスとは?

そもそも、”プリウス”という名前の語源はご存知ですか?
ラテン語で「〜に先駆ける」という意味なのです。

1代目を販売開始した1997年から約20年間で、世界で累計販売数350万台を突破しているのです!
プリウスは、まさにハイブリッド車の先駆けを担ってきた存在ですよね。

 

プリウスの燃費

初代プリウスの燃費 28〜30㎞/L(10・15モード)
2代目プリウスの燃費 30〜32.5㎞/L(JC08モード)
3代目プリウスの燃費 30.4〜34.6㎞/L(JC08モード)

そして、今回の新型4代目プリウスの燃費はなんと、40㎞/L(JC08モード)!!

 

ついに、リッター40キロの大台の開発に成功しました。
同じトヨタから発売されているアクアがもつ、37㎞/Lを上回る、驚くべき数字。
これは他の自動車とは比べものにならない程、燃費が良いですよね!

 

どうしてこんなにも燃費が良いのでしょうか?
・システム全体の軽量・小型化に成功
・重心を低くし、ボディがさらに風の抵抗を少なくするデザイン
・E-Four搭載で初の4輪駆動

様々な試行錯誤をして、3代目から燃費を20パーセントも向上できたんですね。

車体も少し大きくなり、トランクにはゴルフバックが4つも入るそうですよ!

3代目のプリウスは爆発的な人気でしたが、今回のプリウスもさらに人気が出そうですね〜!

 

 

価格・維持費について

新型プリウスの価格
242〜339万円

3代目のプリウスより10万円ほど価格が上昇。

 

そして車は消耗品ですから、維持費がとてもかかります。
何がどのくらいかかるのか、見ていきましょう!

車検代
自動車重量税(1.5リットル以上2リットル未満) 15000円
自賠責保険 27000円
法定点検費用 15000円
点検費用 5000円
印紙・証紙代 1100円
予想修繕費用(オイル交換等) 20000円

その他、車検代行料など加算される事があるてしょう。
これは、新車購入から3年後の計算です。

 

ただし!
プリウスはハイブリッド車

エコカー減税はどうなってる?と思われている方もいますよね!
平成26年度で終了だったエコカー減税は、28年度まで延長されることとなりました!

グレードによって差はありますが、100パーセント減税できるプリウスもあります。

自動車税と自動車取得税の免税だけで、13万円程度の減税対象車なのです!
さらに、クリーンエネルギー自動車等促進対策費補助金(CEV)が25万円ほど支給されます!

 

ハイブリッド車のメリット・デメリット

良いことも悪いこともさらけ出していきましょう!

メリット
・燃費が良いので、年間1万キロ以上乗る方にはオススメ
・環境の事を考えられる
・減税の対象、補助金の対象となりやすい
・保険でも割引対象になりやすい
・売却する際は高く売れる

確かに、お国からの援助などは手厚いですよ。
営業車もプリウスが多くなりましたもんね〜!

 

デメリット
・走行距離が短い人には損
・車体自体の価格が高い(ガソリン車より30万円以上高い)
・消耗品費が高くつく

 

確かに、車体価格高いです!
さらにいろんなオプション付けたいってなったら1番グレードが低くても、すぐ300万円超えますね。ヒィィ。

 

やはり、良いこともあれば良くないこともありますね!
悪い面が無いものなんて、きっとこの世には無いでしょう。

それでもやっぱりハイブリッド車が人気なのは、乗り心地が良くて人にも環境にも優しいからでしょうね。
新型プリウスの発売で、乗り換えを考えられる方は、自分のライフスタイルに合った自動車選びができるといいですね!

-注目News
-