注目News

降水確率50%の意味は?みんなどのくらいなら傘を持っていくのか

スポンサーリンク

 

降水確率って結局何のこと?気象庁の不快指数についても知りたい

 

玄関を出たら、どんよりした曇り空。

さっきのテレビでは降水確率30%・・

 

rain1

 

傘どうしようかな・・

電車の中では邪魔なんだよな・・

 

あなたは、降水確率何パーセントで傘を持っていきますか?

まずはみんなの声から。

 

・20%くらいだと、大抵降らないことが多いんで、30か40くらいかな

・いつも折り畳み傘をかばんに入れてます

・アメダス等を参考にしているため、降水確率は無視してます

・降ったらビニール傘を買えばいいじゃん

 

そもそも降水確率ってなに?

90%ならほとんど一日中降りっぱなしってこと??

 

 

降水確率の意味

rain2

 

降水確率とは「その地方のどこかで、予報時間内に1ミリ以上の雨が降る確率のこと」。

 

この数字は、「今の気象条件」「同じような気象条件であった過去の気象データ」と照らし合わせて決まります。

なんだか分かりにくいですね。

 

つまり、降水確率90%

「今までに、今日と同じような気象条件が100回あって、90回は雨が降った」

だから

「今日の降水確率は90%」と決めた!

ということです。

なので、「まったく雨が降らないという事も10%はある」のです。

 

 

ということで、降水確率50%は「降るかもしれないし、降らないかもしれない・・」

 

半々なら、傘は必要ないかっと思った人。ちょっと待った。

降水確率は「予報時間内に1ミリ以上の雨が降る確率のこと」です。

 

1ミリの雨と言ったら、かなり降っている状態です。

0.5ミリくらいでも濡れてしまいますよね。

 

1ミリ以上に当てはまらないので、

0.5ミリの雨が一日中降っていても「降水確率0%」と言っても良いのです。

 

とうことで、「折り畳み傘をかばんに」が一番賢いのかもしれませんね。

 

 

不快指数とは

rain3

 

天気予報で、「本日の不快指数は80%くらいでしょう」

なんとなく、蒸し蒸しべたべたのことだと想像できますがどうやって決まるの?

 

簡単に言うと

気温と湿度の数値から「蒸し暑さ」を現したもの。

 

元々は、冷暖房の電力消費のために考えられたものですが、天気予報でも使われています。

算出方法は

0.18T + 0.01U×(0.99T - 14.3) + 46.3=不快指数
Tは気温 Uは湿度

全く分かりません!

 

例えば、気温が25℃、湿度が30%だとすると、不快指数は70%

 

不快だと思う数値は

不快指数が77%で半分の人が、85%を超えると全員が「不快だ!」と感じるそうです。

 

湿度が高くなると「不快だ!」と感じるのは分かりますね。

梅雨時になると、電車の中もギュウギュウ、ムシムシ。

朝からイライラしないように気を付けたいですね。

 

関連記事:

台風の名前の付け方は決まっている。次はこうなります

図形で解説 台風同士が衝突したらどうなる?

 

-注目News
-,