家庭

唾液が少ないとどうなる?虫歯だけじゃなく致命的な悪影響が!?

スポンサーリンク

 

最近口の中がネバネバしてる・・

歳を重ねてくると
これまでには全然縁のなかった
体の不調が出てきて困りますよね。

大きなものから小さなものまで、
うまく付き合っていくのも大変です。

 

でも、一見『大したことないだろう』
なんて思っていても・・・

思わぬ体のトラブルの
引き金になってしまうものもあります。

 

例えば、口の中。

最近、なんだかネバネバして、
唾液が少ないような
気がしていませんか?

その症状、放っておいたら、
あなたのお口や体に悪影響を
及ぼすことがあるんですよ!

 

 

唾液が少ないと身体全体にこんなにも悪影響が!?

唾液が少ないことによって、どんな影響が出てくるのでしょう?

 

虫歯になりやすい

唾液が少ないことで
体に及ぼす悪影響としては、
まずは虫歯があげられます。

唾液には、食事の後に歯の間につまった
食べ物のカスを取り除いたり、
食べたものでダメージを負った
歯の再石灰化を助ける働きがあるのです。

唾液が少なくなるという事は、
当然その働きも落ちるということなので、
虫歯になりやすくなるのです。

 

歯周病になりやすい

唾液には殺菌作用とともに、
歯周病菌の活動を抑える、
という働きがあります。

唾液が少なくなってしまうと、
その作用が弱くなり、
結果的に歯周病にかかりやすくなります。

歯周病にかかってしまうと、
口の中の口内炎や
歯ぐきの腫ればかりではありません。

心筋梗塞や脳梗塞、
また血液中に毒素をまき散らすので、
それによる全身の疾患が心配です。

 

口臭がでやすい

上記でもご紹介したように、
唾液には殺菌作用と、
口内の汚れやプラークを
とどまりにくくする作用があります。

ですから唾液の量が少なくなると
口内に細菌が繁殖しやすい環境になります。

すると『舌苔』という
舌の表面に白くつく汚れがひどくなって、
口臭がひどくなります。

 

胃腸への負担が大きくなる

唾液には、糖を分解する、
アミラーゼという酵素が含まれていて、
胃腸での吸収を助けるはたらきをしています。

また、嚙み砕かれた食べ物を
流動的に消化器へ運ぶ働きをしています。

ですのでそれがなくなるということは、
当然、胃腸への負担が大きくなってしまいます。

 

 

今すぐできる!唾液が少ない人の対策法!

自分は唾液が少ないのかな!?
と心配になった方へ!

自分でできる対策を
いくつかご紹介しますね。

 

アルコール、タバコを控える

アルコールやタバコには
利尿作用があるので、
体の中の水分が減少します。

結果として唾液も
少なくなってしまいます。

まずは、どちらかだけでも
頑張って控えてみましょう。

そして最終的には、
完全にやめられることを目指しましょう。

 

こまめな水分補給

当たり前ですが、唾液は水分です。

ダイエット中の人や、
元からあまり水を飲まない人は、
特に注意してください。

日中もこまめに水分補給を
行いましょう。

 

唾液腺マッサージ

耳下腺

両方の耳たぶの前、
上あごの奥歯があるあたりをイメージして、
指3本くらいで何度かそっと
圧迫してみましょう。

 

顎下腺

下の顎の骨の内側を、
耳の下あたりからゆっくりと
顎の先にかけて優しく押していきましょう。

 

舌下腺

顎の下のから、
舌を上に押し上げるようなイメージで
両の親指で圧迫してみてください。

 

リラックスする

緊張すると口が、
からからになってしまう経験、
ありませんか?

自律神経が乱れていると、
体が常に緊張状態にあって、
唾液の量が減ってしまうことが考えられます。

規則正しい生活をして、
体を休める時間を十分に作りましょう。

 

まとめ

唾液が少ないくらいだと、
『なんか不愉快だけど…まあいいか』
なんて思って、コーヒーやお茶を
飲んでそのまま・・・

なんて方も多いのではないでしょうか。

けれど、放っておくと
思わぬ体の不調を引き起こしたり、
口臭がひどくなってしまいます。

そして今度はあなたの対人関係の
思わぬ障害になってしまったり
してしまいます。

唾液を増やすためにマッサージや
生活習慣の改善をしっかり行い、
いつも健康なお口で毎日過ごしたいですね。

 

-家庭
-