体操

体操 笹田夏実がかわいい 筋肉もつき安定感 平均台で五輪を目指せ

スポンサーリンク

 

体操の全日本個人総合選手権3連覇を狙う笹田夏実選手

悲願のオリンピック出場へ向けて、めきめきと実力をつけている笹田夏実選手とは

どんな人なのでしょう。

 

sasada

笹田夏実(ささだ なつみ)
生年月日 1995年8月31日
出身地 東京都世田谷区
身長 151cm
体重 45kg
所属 大泉スワロー体育クラブ
得意種目 段違い平行棒,ゆか,平均台
特技 習字

 

笹田夏実 体操

小学校1年生の時に、母親の体操クラブで体操を始めました。

12歳で全日本ジュニアタイトルを獲得。
2010年の全日本選手権では、ライバルの鶴見虹子選手を上回り1位になりました。
ただ、年齢制限のために世界選手権への出場はなりませんでした

 

2012年の全日本選手権では、田中理恵選手に敗れて惜しくも2位。

この活躍で、ロンドンオリンピック代表に大きく近づきました。

 

順調にいけば代表になれるはず。でしたが。。

代表最終選考会であるNHK杯で、得意とする平均台のミスが響いて代表入りを逃してしまうんですね。

メンタルの問題なんでしょうかね。

 

アスリートは、心技体が揃っていないとトップには行けないと実感したんではないでしょうか。

 

2013年の全日本選手権では、個人総合優勝

親子2代で総合優勝したんです。

 

そう。
笹田夏実選手のお母さんは有名人なんです。

というのは、お母さんは元体操選手の加納弥生さん
(現在は笹田弥生さん)

 

1979年から1982年まで4連覇を達成。

日本女子体操界でトップに立った選手なんですね。

 

1980年のモスクワオリンピックの代表になりました。

なったのですが、モスクワオリンピックは、日本はボイコットしたので出場できず

「幻の五輪代表」となっています。

 

 

笹田夏実 学校は?

高校は帝京高等学校

そして大学は日本体育大学。ちなみに母親の弥生さんも日体大です。

入学式では新入生約1600人を代表して、宣誓の大役も務めました。

 

昨年の全日本選手権では

大学でチームとして一緒に合宿とかをやってきて、今回チームとして順位を上げたところもあり、
エースとして自分が引っ張っていけるような選手になりたいと思います

とコメント、大学に入って弱かったメンタルも克服したようですね。

 

さらに、筋トレ効果もあり、弱点とされていた下半身の筋肉もつき安定感が増してきました。

 

ライバルの鶴見虹子選手、村上茉愛選手、寺本明日香選手と切磋琢磨しあいながら
先輩の田中理恵選手のようにエレガンスな体操を期待しています。

 

-体操
-