行事

節分はやることいっぱい。いわしを忘れていないか?

節分とイワシの関係

 

かな~り前の話。節分時期にスーパーへ行ったとき、友人が

「あ、イワシ」と。
実家で節分にはイワシを食べる習慣があったそうなんです。

うちの実家はイワシを食べる習慣がなかったので、最初は何を言っているのか分かりませんでした。
「節分にはイワシを食べるんだよ~」という友人の言葉で「ああそうなんだ」と思ったものです。

地域性だったり、昔からの言い伝えがすたれてきてしまったり。
せっかく日本人に生まれてきたんだから、昔からの言い伝えは大事にしたいものです。

 

あ、でもなんで節分にイワシ?

 

節分とイワシの関係

iwashi2

 

節分は、冬の最後の日で、旧暦の大晦日にあたります。
節分の次の日は「立春」になるので、旧暦の元旦になります。

新しい年を迎えるにあたり「魔除け」を意味するイワシを食べることが通例となっています。

また節分には、魔除けのためにイワシを飾る風習もあります。
ヒイラギの小枝と焼いたイワシの頭を飾ります。
そう。トゲトゲのヒイラギです。

このようにイワシには魔除けという意味があるんですね。

魔よけのイワシを食べて、次もいい一年を迎えたいものです。

でも最近ではいわしがスーパーに並んでいても素通りする人もけっこう多いですね?
こういう年中行事も、すたれてきているのかもしれませんね。

 

節分には何をする?

まず節分というと豆まき。

豆を自分の数だけ食べる人が多いでしょう。
「鬼は外、福はうち」と言って、まめをまいてから年の数だけ豆をたべます。

ごまかさないで、歳の数だけ食べましょう(笑)

 

そして、最近では節分に『恵方巻』を食べることが多くなってきましたね。
これも、私の地域ではありませんでした。

最近は、早めに行かなくては無くなる!
とスーパーが開店してから急いで行く場合が多いです。

どんな種類が好きですか?
海鮮恵方巻やふつうの恵方巻など、いろいろあってどれを選ぼうかと迷ってしまいます。

海鮮恵方巻を買うことが多いですが、とてもおいしいですね。

 

とうことで。

節分の時期になるとスーパーに、豆とイワシと恵方巻が並びます。

イワシを食べる意味もはっきりしたし、がっつり食べましょう!

活きの良いイワシを見るとつい買いたくなっちゃうでしょ。

 

イワシをおいしく食べよう

iwashi

お魚って、家で焼くのはたいへんですよね。
脂がのっているので、ものすご~く煙がでて焼くのに一苦労します。

ガスコンロでは焼いていますか?これは焼くのが大変です。

 

この際、魚焼き用のロースターを買っちゃいましょう!

イワシを入れて、だいたい時間を決めて焼くだけ。それほど煙は出てきません。
お手軽においしいイワシを食べることができますよ。
もちろん、サンマなども。

これでもか!というくらい煙が出る魚を家で焼きたい!
と言う方は買ってみては?
焼きたてはおいしいですよね~

 

最近のスーパーでは、すでに焼いてあるイワシを売っていますね。
ちょっと味気ない?けどイワシはイワシです。

一人暮らしの人も外食ばかりじゃなくて、こういう時にはイワシを買ってみましょう。

 

今年は、いわしを食べて恵方巻を食べて、豆まきをして。

おなか一杯に豆を食べて・・
日本の文化、節分をおもいっきり満喫したいと思います。

あ、鬼がいないな・・
鬼になる方、募集中です(笑)

 

-行事