行事

師走の意味はお坊さんが走る忙しさから?あながち間違ってはいない

スポンサーリンク

 

師走(しわす)。12月の旧暦の名称です
joyanokane

 

では・・
睦月(むつき)は何月?

 

正解は1月。あまり馴染みがなかったですか?

 

12月になると、ニュースでも世間でも「師走の・・」という言葉があちらこちらから聞こえてきます。

旧暦の名称の中でも「師走」は断トツで有名な呼び方。

 

その意味は?お坊さん、先生が走るから?

本当の答えは・・

 

「12月にはサンタさんが忙しく走るから!」という小学生の答えもあながち間違ってはいないようですね。

 

 

師走の意味

その正解は・・

 

分からない

色々な説があるので、「本当の由来は分からない」が正解のようです。

 

その色々な説とは?

どんなものか調べてみました。

 

エントリー№1 お坊さん

souryo

 

これが一番聞いたことがあるのでは?

お坊さん=僧侶(師)が走る回るほど忙しい月だから。

僧侶がお経をあげるために馳せ回る月「師馳す(しはす)」から名付けられたという説です。

 

昔は12月に法事が多く行われることが多かったようです。

普段ゆったりとしている僧侶が、檀家を忙しく走り周っていた様から名付けられました。

今ではあまり見かけない光景ですが、そういう風習があったんですね。

 

平安時代の書に書かれているので、相当古い説ですよね。

ちなみに、その書とは「色葉字類抄(いろはじるいしょう)」という古辞書。

 

「平安時代の書物に書かれていた」

これだけで、個人的にはこれが正解なんじゃないかと思ってしまう。

 

エントリー№2 先生

これも聞いたことがあります。

先生=教師=師ですね。

先生が走り周るほど忙しいから師走。

 

??

先生って12月が一番忙しいのですか?

むしろ、始まりの4月や受験前の1月、卒業前の3月の方が忙しいのでは?

 

先生を経験したことがないのでちょっと分かりませんが。。

少し説得力が弱いですね。

廊下は走らないようにしましょう。

 

エントリー№3 先生 パート2

中国の文学者が主張した説。

師走の「走」は、「その場から離れる」ととらえ、「先生がこの地を離れて故郷に帰る」という意味ではないかと。

 

つまり、年末に先生が帰省するから「師走」だと。

う~ん。これは、あまり説得力がないですね。

 

エントリー№4 ××が終わる

「年が果てる」の「年果つ(としはつ)」が変化した説。

 

つまり、農業において「萬事爲果つ月(ばんじしはつつき)」=全て終わらせる月という意味の事です。

また、春夏秋冬の「四季が果てる月」を意味する「四極(しはつ)」の説もあります。

年果つ(としはつ)も四極(しはつ)も「しはす」から「しわす」。

 

「師」は全く関係ないみたい。。

語呂合わせというか、当て字という事ですね。

僧侶の説もそうですが、歴史的仮名遣いの「し"は"す」の読み方が、現代仮名遣いの「し"わ"す」になるようです。

 

エントリー№5 サンタさん

santa

サンタさんが走り周るから師走。

ある小学生の説?です。かわいいですね。

でも、考え方は「僧侶が走る」に似ていませんか?

普段ゆったりとしているサンタさんが、みんなのために走り周る。

 

という事で、
「12月は何かと忙しいから説」

「12月は季節(や農業)が終わるから説」

があることが分かりました。

 

師走の意味は?と聞かれたら、この2説を教えてあげましょう。

 

他の月の旧名称

ついでなので、12月=師走以外の名称も覚えておきましょう。

簡単な名づけの由来も。

inaho

 

1月 睦月(むつき)
大きな節目である正月。このは身分の上下無く仲良く睦ぶ(仲睦まじく)

2月 如月(きさらぎ)
草木の更生(生まれ変わること)=「衣更ぎ」から

3月 弥生(やよい)
草木が育ってくる「木草弥生(いやおひ)」から

4月 卯月(うづき)
十二支の卯(ウサギ)の月。4番目だから

卯の花が咲く時期「卯の花月」から

稲の種を植える「植月」から

5月 皐月(さつき)
田んぼに苗を植える「早苗月(さなえづき)」から

6月 水無月(みなづき)
暑さが厳しく「水の無い月」から
今の暦では7月頃ですからね。

田に水を引く月「水の月」から

7月 文月(ふみづき)
稲穂が穂を含みつつある「含み月」から

七夕の行事で詩歌や書物を奉じることから

8月 葉月(はづき)
稲穂が張る「穂張月」から

この季節に木々の葉が落ちること「葉落月」から

9月 長月(ながつき)
夜が長くなる月「夜長月」から

稲作に関連する「稲熟月」「稲刈月」「稲長月」から

10月 神無月(かんなづき)
全国の神々が出雲の国に集まり、各地にはいなくなるから
(出雲の国では神有月(かみありづき)という)

11月 霜月(しもづき)
霜が降る月「霜降り月」から

 

他の月の旧名称のほとんどが、稲・草木・天候などにちなんだこと。

農耕民族の日本人の発想だと、よくわかります。

 

そして、旧名称は何かの当て字が多いことが分かりました。

日本人は語呂合わせとか好きですからね。

冬至にかぼちゃとゆずは語呂合わせだった

-行事