英語

イギリスの大学に語学留学してきた!色々ありすぎ体験談

スポンサーリンク

 

前回の記事で宣言した通り、今回は約8ヶ月間のイギリス語学留学で

実際にあったエピソードや発見したことを9個まとめて書いていきますね。

 

 

ちなみに私がイギリスに留学していたのは19~20歳の時です。

 

語学留学に楽しみを見いだせる?

ような内容になっておりますので、

ぜひ最後までお楽しみくださいヽ(*´∀`)ノ

 

 

はじまりはじまり~

 

その1:寮での水漏れ事件

私の借りていた寮は築100年以上ととても古かったので

たった8ヶ月の留学中に2度も水漏れが起こりました。

 

廊下が水浸しになり、部屋の床もビショビショになりました。

2回とも夜中にサイレンが鳴って、寮の外に避難したのは今でも笑えてきます(笑)

 

まさかイギリスのような文明国でこんな目に遭うとは思いませんでした。

 

その2:謎のモテ期到来

イギリス留学中に計6人に告白されました(笑)

 

モテるために特別何かしたというわけではありません。

もちろんGlobal caféという国際交流イベントに参加したり

Japanese societyという日本語を学ぶ学生のサークル活動に参加したり

 

色々な場所に顔は出していましたが・・・色目は使っていないはずです(笑)

 

中でも驚いたのはポーランド人男性の一途さでした。

花をもらったり、ごはんを奢ってもらったり、毎日愛のメールが来たり

寮の前で待ち伏せされたり(これはさすがに怖かったです(笑))。

 

約4ヶ月間ずーっとアプローチされ続けました。

ここまでアプローチされたのは人生初だったので良い経験になりました。

 

その3:授業中に「Say something.(何か言えよ)」と言われる

英語

 

留学して間もない頃の授業でのことです。

私は授業の内容に付いていくのに必死で、英語で自分の意見を言うなんて神の領域でした。

だから基本黙々と授業を受けているように見せていました。

 

しかしそこはイギリス。

授業はほとんどグループワークで、毎回必ずディスカッションタイムがあります。

そしてとうとうその日が来てしまいました。

 

サウジアラビア人の男の子に「Say something.」と言われたのです(笑)

私はその気まずい空気を察し、必死で英語を絞り出して発言しました。

 

すると彼は「Keep it up!(その調子!)」と言って褒めてくれました。

私はこの件があって以降、なんとか発言できるようになったので彼には感謝です*

 

 

 

その4:膀胱炎(cystitis)になる

留学して1ヶ月後に膀胱炎になりました(笑)

 

学校と提携している病院に行ったので治療費は安く済みましたが

トイレとお友達の日々が1週間ほど続きました。

 

常備薬は用意していましたが、まさかイギリスで“人生初の膀胱炎”になるとは思っていなかったので、イギリスの医療にお世話になりました。

 

その5:友人がクラブ好きすぎる

私は留学先で最初に仲良くなったのは、イタリア人の女の子でした。

出会ったその日にクラブに連れて行かれました(笑)

 

その後Japanese societyというサークルに参加して新しい友人ができましたが

その友人たちもクラブ好きで、彼女たちは毎週月曜日は必ずクラブに行っていました。

なぜ毎週月曜日なのかというと、月曜日はクラブの入場料が£5だからでした。

 

この友人たちのおかげで、私の週2回のクラブ通いが決定しました。

人生でこの時期が最もはじけていたと思います(笑)

 

その6:先生がポニーテールにしているときは髪を洗っていない証拠

女性

イギリス人は毎日お風呂に入らないそうです。

 

髪の毛も2日に1回もしくは3日に1回しか洗いません。

それを知ったのは私が先生のポニーテールを褒めてしまったのが原因です。

 

先生は美人だったのでポニーテールがとても似合っていました。

だから先生がポニーテールにするたびに「美人!似合う!」と褒めていたのです。

 

しかしある日先生は言いました。

「あなたはいつも褒めてくれるけど、髪を洗ってないから縛っているの」

 

・・・え!そうだったんかーい(笑)

 

美人だから褒めていたのに、まさか洗ってなかったからだったとは(笑)

私はこれ以降、先生のポニーテールには触れませんでした。

 

その7:イレのウォッシュレットはイギリスに普及していない

イギリスのトイレにはウォッシュレットがありません。

日本人は当たり前のようにウォッシュレットを使いますよね!

 

私もウォッシュレットが無い生活など考えたことさえなかったです。

しかし残念なことにイギリスには無いんですよ~。涙

 

 

 

その8:ごはんがまずいのは本当

 

イギリスのごはんはたしかにまずいです。

たくさん調味料を使っているのか分かりませんが

イギリスの料理はイギリスの味がします(笑)

 

ただいつの間にかにその味に慣れていきます。

私はイギリスに着いて1ヶ月経たないうちに、『ハインツベイクドビーンズ』と『ハッシュドポテト』を毎朝食べることが習慣になりました。

 

その頃はなんだかとても美味しく感じたんです!

毎日毎日朝はその2つを欠かさず食べていました。

 

あまりにも好きすぎて日本に帰るときに

お土産として『ハインツベイクドビーンズ』を5缶買いました。

 

日本に帰国してから少し経って、同じものを再現して食べましたがまずかったです。

やっぱりイギリス料理はまずいみたいですね(笑)

 

ちなみにその『ハインツベイクドビーンズ』はAmazonでも購入可能です♪

本場イギリスの味が楽しめるのでぜひ購入してはいかがでしょう?

 

その9:ヨーグルトの種類が豊富で美味しい

イギリスのヨーグルトは本当に美味しいです。

日本のヨーグルトのような酸っぱさはなく、甘くてマイルドです。

 

特にMullerという会社の『Corner』というヨーグルトは人気があります♪

容器の右上にジャムやチョコレートフレークが入っているので

それをヨーグルトと一緒に食べる仕組みになっています。

 

とにかくハマります!私は毎日食べていました(笑)

一番好きだったのはイチゴ味のヨーグルトとホワイトチョコフレークの組み合わせです。日本に輸入されるようになればまた食べたいですし、

皆さんにもぜひ食べて欲しいヨーグルトです!

 

matome

以上イギリスでのエピソードや発見をまとめてみました。

いかがでしたでしょうか?

 

少しはイギリスに行ってみようと思っていただければ嬉しいです^^

ここに挙げたエピソードはほんの一部なので、まだまだたくさんあります(笑)

そこはぜひイギリスに行って見つけてきてください♪

 

それではここまで読んでくださりありがとうございました**

 

関連記事:

イギリスへ語学留学行ってきた!費用や持ち物、注意点を伝えます

 

 

-英語
-