家庭

喪中の正月 おせち料理はこうしましょう お年玉はOK

スポンサーリンク

喪中で迎えるお正月 おせちはどうする?

今年は喪中なんだけど、いつもの正月と同じことをしていいのかな?

喪中はがきを出すのは知っているけど。

 

おせち料理、初詣、正月飾り、お年玉。

お正月にすることはたくさんあります。

「おめでとうございます」って言っていいの?とふと疑問に思ったり。

そんな喪中のお正月の過ごし方についてです。

 

 

喪中と忌中の違い

まず、喪中と忌中について説明しておきます。

喪中・・1年(気枯れている期間)
気枯れの意味は、下で説明
忌中・・49日(亡き人を偲ぶ期間)

ですので、喪中の間に必ず正月は訪れるということです。

 

motyu

 

喪中におせち料理はどうする?

喪中の時には、ふつうのお料理としておせちを食べるぶんには構いません。
ただし、鯛のお頭やえび、赤いかまぼこなどは外します。

「喪中おせち」といって売っている仕出し屋さんもあります。
ですので、おめでたいものを外して食べてもいいんです。

その時は、お重には詰めずにお皿に並べて食べましょう。
祝箸ではなく、普通のお箸で食べるようにします。

お雑煮など、ふつうの料理として食べる分には構いません。

 

喪中に初詣ではどうする?

喪中の間は身が「けがれている」と言います。

「けがれている=汚れている」ではなく
「けがれている=気枯れている」

つまり「気持ちが枯れている」ことを意味します。

「けがれている」時は、神社への参拝は控えた方が良いと言われています。
お寺へ詣でることは構いません。

 

喪中の時に正月飾りや神棚はどうする?

喪中の時に正月飾りはしません。
やはりおめでたいことは避けるべきです。
神棚は白い布(紙)を神棚全体にかぶせるか、天井から白い布(紙)を貼って神棚がみえない状況にします。

 

喪中にお年玉はあげる?

子どもたちも、毎年のお年玉を楽しみにしているでしょう。

そもそもお年玉とは「神様にお供えした鏡餅」を分け与えたことがルーツです。
「御祝い金」という意味ではないんですね。

ですので、お年玉をあげることはまったく問題ありません。
ただし、お年玉袋の柄には気を使いましょう。
おめでたいような柄にはしないように。

 

新年の挨拶は?

喪に服しているのですから「おめでとうございます」とは言いません。

相手が知らずに「新年あけまして・・」の挨拶があった場合でも
普段と変わらず「おはようございます」や「こんにちは」にしておきましょう。

 

喪中で迎えるお正月について書いてきましたが、すべて「一般的には」と言う話です。
それぞれ個人の考え方もあるでしょうから、参考までにとしておいてください。

-家庭
-,