注目News

生とうふシェイク 箱根湯本 使用しているのは江戸創業の有名豆腐

スポンサーリンク

冷たくて甘い夏のスイーツといえば、シェイク!

 

口に広がる冷たさと、口当たりの良い甘さで一気に飲めちゃいます。

シェイクと言えば、100円のマックシェイク
mac

 

それもいいですが、少し変わったシェイクもありますよ。

それが、生豆腐シェイク

まぁ色は白いから見えなくもないですが・・

 

 

生とうふシェイク

これが話題の生とうふシェイク。

toufu

 

箱根湯本駅近くの、デリ&カフェテラス「みつき」で販売しています。

 

「豆腐」と聞くだけで、ヘルシーで体に良い気がしてきませんか?

味はバニラ、ストロベリー、ブルーベリー、マンゴーの4種類があります。

個人的には、とうふのみの味も味わってみたいですが。

 

で、この豆腐。、そこら辺の豆腐とは訳が違います。

創業200年以上。天然のにがりと湯坂山の湧き水を使って作られた続く萩野(はぎの)の豆腐

 

箱根湯本の有名な旅館にも提供しているようです。

200年前と言ったら江戸時代ですよ。

そんな時から続いている豆腐屋さん。聞いただけでもおいしそうな感じ。

 

生とうふシェイク 500円です。

デリ&カフェテラス『みつき』

営業時間11:00~20:00
神奈川県足柄下郡箱根町湯本702
箱根湯本駅 徒歩1分

 

 

豆腐を提供している、豆腐処萩野でも、なにやらおいしそうなスイーツを販売しています。

hagino

 

豆腐処萩野
営業時間8時~18時
神奈川県足柄下郡箱根町湯本607

豆乳杏仁豆腐も売り切れ必至だそうです。

 

 

ふつうのシェイクの原料

ファーストフードでは、コックをひねればトロトロと出てくるシェイク。

原料は何か知っていますか?

 

実は・・

サラダ油とガムシロップが半分、残りは水と牛乳。

実際に、シェイクを煮込んでいくと、分解されない油が残ります。

ふつうのアイスクリームは、煮込むと牛乳の塊のようなものができます。

別に分解されない油が悪いというわけではないのでご安心を。

 

 

今、箱根山の噴火レベルが2という事で、観光の町箱根はだいぶ影響を受けているようです。

正しい情報を入れておきたいですね。

関連記事:
箱根山が噴火したらどうなる?どの範囲まで影響があるのか
 
大涌谷のライブカメラが登場 リアルタイムで箱根山の噴火活動を監視
 
噴火警戒レベルとは? 気象庁発表の箱根のレベル2はどんな状況?

-注目News
-