ラグビー

ラグビーワールドカップ2015 出場国の世界ランキングと最近の戦績

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ2015が、9月18日から10月31日までイングランドで開催されます。

rugby2015

まずは4つのグループに分かれてのグループステージ
(日本はプールB)

ここで上位2チームが決勝トーナメントへ進めます。

 

出場国の世界ランキングと、ワールドカップでの戦績を見てみましょう。

9/21現在のランキングです。

 

ラグビーの世界ランキングは毎週更新されます。

ということは、本当に最近の調子はどうかが分かるわけですね。

 

試合日程と結果 対戦成績は↓でチェック

ラグビーワールドカップ2015 【全日程と試合結果】まとめ

 

ラグビーワールドカップ2015出場条件

参加チームは20カ国

前大会でベスト12、開催国は無条件で出場。

 

その他は大陸予選からの勝ち上がりで決定しました。

ヨーロッパ(2)、アメリカ(2)、オセアニア(1)、アフリカ(1)、アジア(1)。

 

日本はアジア予選を突破しての出場です。

8大会連続なので、アジアでは敵なしという感じですね。

 

 

ラグビー世界ランキング(9/21)

世界ランキング、本大会での戦績を見てみましょう。

プール戦敗退とは、グループステージでの敗退。

予選敗退とは、本大会へ出場できなかったということです。

 

追記:

10/12 世界ランキングが更新されましたので更新しています。

 

 

プールA

オーストラリア
rank 2位
2003年⇒準優勝
2007年⇒ベスト8
2011年⇒3位

イングランド
rank 8位
2003年⇒優勝
2007年⇒準優勝
2011年⇒ベスト8

ウェールズ
rank 4位
2003年⇒ベスト8
2007年⇒プール戦敗退
2011年⇒4位

フィジー
rank 11位
2003年⇒プール戦敗退
2007年⇒ベスト8
2011年⇒プール戦敗退

ウルグアイ
rank 19位
2003年⇒プール戦敗退
2007年⇒予選敗退
2011年⇒予選敗退

 

プールB

南アフリカ共和国
rank 5位
2003年⇒ベスト8
2007年⇒優勝
2011年⇒ベスト8

サモア
rank 15位
2003年⇒プール戦敗退
2007年⇒プール戦敗退
2011年⇒プール戦敗退

スコットランド
rank 9位
2003年⇒ベスト8
2007年⇒ベスト8
2011年⇒プール戦敗退

日本
rank 10位
2003年⇒プール戦敗退
2007年⇒プール戦敗退
2011年⇒プール戦敗退

アメリカ
rank 16位
2003年⇒プール戦敗退
2007年⇒プール戦敗退
2011年⇒プール戦敗退

 

プールC

ニュージーランド
rank 1位
2003年⇒3位
2007年⇒ベスト8
2011年⇒優勝

アルゼンチン
rank 6位
2003年⇒プール戦敗退
2007年⇒3位
2011年⇒ベスト8

トンガ
rank 13位
2003年⇒プール戦敗退
2007年⇒プール戦敗退
2011年⇒プール戦敗退

ジョージア
rank 14位
2003年⇒プール戦敗退
2007年⇒プール戦敗退
2011年⇒プール戦敗退

ナミビア
rank 20位
2003年⇒プール戦敗退
2007年⇒プール戦敗退
2011年⇒プール戦敗退

 

プールD

フランス
rank 7位
2003年⇒4位
2007年⇒4位
2011年⇒準優勝

アイルランド
rank 3位
2003年⇒ベスト8
2007年⇒プール戦敗退
2011年⇒ベスト8

イタリア
rank 12位
2003年⇒プール戦敗退
2007年⇒プール戦敗退
2011年⇒プール戦敗退

カナダ
rank 18位
2003年⇒プール戦敗退
2007年⇒プール戦敗退
2011年⇒プール戦敗退

ルーマニア
rank 17位
2003年⇒プール戦敗退
2007年⇒プール戦敗退
2011年⇒プール戦敗退

 

日本にとっては、初のプール戦突破なるかが注目されるところ。

どこのグループも厳しいですが、「死のグループ」と言われるAに入らなかったことも幸いです。

-ラグビー
-