はちみつ大根の美味しい作り方や効果とは?喉だけじゃなく便秘解消も!

スポンサーリンク

 

はちみつと大根って身体によさそう

 

はちみつ大根って、昔、
喉が痛い時にとてもいいよ、
とおばあちゃんに言われた事ってありませんか?

確かに、はちみつと大根って
身体によさそう。

 

しかも喉だけじゃなく便秘解消
効果があるとか?

便秘が解消すれば肌がきれいになるし、
しかも簡単に作れて美味しいとくれば、
風邪をひいてなくても常備しておきたい、
ですよね。

そこで、はちみつ大根の効果と
レシピをご紹介しますので、
是非、お家で作ってみてくださいね。

 

 

はちみつ大根の効果は喉だけじゃな?便秘・肌荒れに効くって本当?

 

まず大根には、
イソチオシアネート類のアリルイソチオシアネート
という成分が含まれています。

これはからしやワサビにも含まれていて、
つまりあのピリッと辛い成分なんですね。

このアリルイソチオシアネートの効果は、
・殺菌作用
・消炎鎮痛
・抗酸化作用

血液をサラサラにしてくれる
働きもあります。

そのほかビタミンC、ミネラルなど
風邪の諸症状や免疫強化に有効な栄養
をたくさん含んでいます。

殺菌作用で喉の痛みを押さえ、
血流が良くなれば、
免疫力がアップします。

ですので、
風邪を引いても症状が重くなる前に
回復することができます。

 

大根は、便秘解消・ダイエットにも効果あり

もう一つ、大根にはたくさんの
食物繊維が含まれていますので、
便秘解消にもつながりダイエットにも効果的
と言われています。

ただし、これらは生大根でないとだめ!
おでんの大根をたくさん食べても、
ダイエット効果は期待できません。

 

はつみつの効果って?

 

はちみつの殺菌作用
古代エジプト時代から折り紙付き。

薬局で売っている消毒液、
「オキシドール」の元の成分は、はちみつだって知っていましたか?

 

ビタミンやミネラル、
アミノ酸も含まれていて、
はちみつをなめるだけでも口内炎が治ったり、
お肌がきれいになったりします。

つまり、はちみつの強い殺菌作用は、
風邪をひいたときの喉の炎症や、
肌荒れの原因になっているトラブルをも
消し去ってくれる力を持っている、
ということです。

は~ちみつ、〇〇のど~あめ~♪

 

この強い殺菌効果がある、
はちみつと大根のコラボということなら、もう最強!

と言ってもいいかもしれません。

 

生の大根でないと効果が薄いのですが、
生大根だけではちょっと美味しくないところ…

はちみつの甘みが加わることで
口当たりがよくなり、はちみつ大根を
嫌がらずに使うことができますよ。

 

 

家にある材料だけで作れちゃう!簡単はちみつ大根レシピとおすすめの食べ方

 

最強コンビのはちみつ大根は
常備したいですよね。

作り方は意外と簡単ですので
是非、作ってみましょう。

 

はちみつ大根の作り方

1 大根は皮つきのまま、
5mm~1cmの角切りにしてタッパーに入れる。

2 その上からはちみつを注ぐ。
大根200g:はちみつ1カップ

3 ふたをして大根が浮いてきたら完成。

 

たったこれだけ!

 

冷暗所で2~3日。
3~4時間でも食べることは可能

大根は角切りではなく千切りにすると、
1時間ぐらいでも大丈夫です。

急いでいる時には良いでしょう。

 

大根を入れっぱなしだと
生臭くなりますので、
早めに取りだすようにしましょう。

また、はちみつ大根は
冷蔵庫で保管しても、
3日~1週間ほどしか持ちません。

一度にたくさん作るより
少しずつこまめに作った方がいいでしょう。

 

はちみつ大根の使い方

 

一番スタンダードな使い方は、
大根のエキスが入ったはちみつを、
水かお湯で割って飲むというものです。

生姜を混ぜると身体が暖まりますので、
風邪の引き始めには効果絶大です。

その他には、炭酸水で割ってもいいですし、
氷水で割ってレモンを添えれば
さわやかな味で飲みやすいです。

ヨーグルトにかけてもいいですよ。

 

まとめ

はちみつ大根は作るのが超簡単ですので、
大根を1本買ってきた時に、
ほんのちょっと作ってみてください。

そしてさっと食べるようにすれば
風邪もひきにくくなりますよ。

何かドリンクを飲みたいなと思ったなら、
身体に良いはちみつ大根がおすすめですので
是非、試してくださいね。

 

-
-