家庭

女性の加齢臭は20代から?気づいてないのは自分だけかも

加齢臭と言えば男の人でしょ?

 

男性ほど強くはないことが多いものですが、女性で加齢臭に悩んでいる人も多いんです。

しかも、最近では20代から加齢臭に悩んでいる人もいるとか。

 

昔はあまり聞かなかったのに最近増えてきた。

ということは、食生活の変化かもしれませんね?

 

原因を知っておけば、予防にもつながるはずです。

女性の加齢臭の原因と対策についてチェックしましょう。

 

女性の加齢臭は何歳ぐらいから?

だいたい40代ぐらいから加齢臭はするようですね。早い人だと30代ぐらいからの人が多いようです。
20代で加齢臭がするという人もいるから一概には言えないですね。

 

女性の加齢臭の原因は?

加齢臭はヘキサデセン酸が皮脂を酸化、分解して作られるノネナールが臭いの原因です。

女性も年齢とともに加齢臭が強くなっていきます。
というのも、女性ホルモンによって皮脂分泌・酸化を抑えています。

更年期に近づくにつれ、女性ホルモンの分泌量が減ります。
ですので、皮脂分泌・酸化が徐々に抑えられなくなっていくわけです。
女性ホルモンが急激に減ると、同時に更年期の症状がではじめます。

そしてもう一つ。
動物性の脂肪を摂取し続けると、ノネナールの発生が増えるということ。
20代で加齢臭に悩む人は、こちらが原因かもしれませんよ。

 

どんな臭い?

kareisyu

チーズ臭い臭い、古本やロウソクの臭い、脂の臭い、お風呂に入っていないような臭いなどが多いです。
普通の汗の臭いとはちょっと違います。

 

臭いはどこから出てくるの?

頭皮、耳の後ろ、首の後ろ、小鼻の横、背中、胸元からが多いです。
皮脂の分泌量が多い箇所ですね。

 

 

外部からの対策

今すぐにこの臭いをどうにかしたい。という時は外部からの対策です。

たくさんの加齢臭対策用の石鹸、シャンプー、ボディーソープが売られています。
特に臭いの出やすいところを念入りに洗うことで、かなり軽減できます。

制汗剤は、加齢臭と混ざって更に嫌な臭いにならないさわやかな香りを選びましょう。
フローラル系の制汗剤は、なるべく避けた方が良いです。

 

内部からの対策

danbel

酸化が原因の加齢臭。
要は「体の酸化をさせない」取り組みをすれば効果的だということです。

 

食品添加物の入った物ばかり食べていると、体が酸化され加齢臭が強くなってしまいます。
特にベーコンやソーセージ、人工いくら、ネギトロ、ダイエットコーラには食品添加物が多く含まれています。
高脂肪、高たん白な食事を控えることも大切ですね。

喫煙にも注意しましょう。過酸化水素による酸化作用があります。
ビタミンCが喫煙によって崩壊し、酸化につながります。

 

酸化をおさえるサプリを飲むようにしましょう。
ビタミンC、ビタミンE、βカロテン、リコピン、コエンザイムQ10、白金ナノコライド、アスタキサンチンなど抗酸化物質にはいくつかの種類があります。

食べ物からも抗酸化物質をとることができますが、サプリのほうが即効性があります。

 

睡眠不足やストレスにも注意しましょう。
活性酸素が発生し、酸化につながります。

 

一般的には、20代~30代では女性ホルモンの分泌も活発なはずです。
体質改善や生活環境を正すことによって、加齢臭は抑えることはできるでしょう。

女性ホルモンが減少する更年期は、あなたにもやってきます。
その時にできるだけ加齢臭で悩まないように、今若いうちから改善していきましょう

 

-家庭