お役立ち

蚊に刺されやすい血液型があるんです 体質や原因はやっぱりねの結果

スポンサーリンク

 

だんだんと暖かくなってくると、蚊の季節ですね。

 

2014年は、「デング熱」が大注目されました。

日本では長い間、発症がなかったのですが、70年ぶりに感染した人がでました。

 

代々木公園は封鎖されるわ、ドラッグストアでは、蚊に関連するスプレーなどが売り切れるわで

大変なニュースになりましたね。

デング熱2015 もう日本で流行り始めている

 

腕に蚊が止まった時には、ギュッと力を入れて、吸っている針が抜けないようにして

観察しませんでしたか?

しませんか・・

 

よく刺される人と刺されない人がいるけど、どうしてでしょう?

 

酒飲みは刺されるとか、刺されやすい血液型があるとか聞くけどどうなんでしょうか。

ka

 

 

蚊に刺されやすい体質と原因

 

イメージ的には、太っていて良く汗をかいている人かな~?

 

やっぱりそうでした。

蚊は、温度センサーや水分のセンサーで標的を見つけるようです。

 

体温が高くて、湿った肌が大好物だそうで。

お酒を飲んだら、汗が出やすくなるので、これも当てはまりますね。

 

表面積が大きければ、刺されやすくなるは、そうですよね。

 

そして、蚊は白と黒の映像を見ているとか。

黒い方が好みだそうです。

 

ということで、刺されやすい人の特徴は

「体が大きく、汗っかきで、色黒の人」

 

これって、男の人しかイメージできできないんですが・・

 

やっぱりそうみたいです。男の人の方が体温が高傾向にあるので、刺されやすいそうですよ。

あとは、子供や妊婦さんも体温が高いので、刺されやすいそうです。

 

ka2

 

蚊に刺されやすい血液型

 

これはないと思いませんか?

 

「湿っていて黒い」は、蚊の温度センサーや水分のセンサーで分かりそうですが

血液型はわからないでしょう?

 

実は、あるんです。

O型が刺されやすいそうなんです。

 

1972年に実施された調査で、蚊の腸内の血液を調べたところ、「O>B>AB>A」の結果が。

 

血液がしめる割合は、O:40%、A:30%、B:20%、AB:10%だとすると

明らかに、Oが刺されやすくて、Aが刺されにくいと分かりますね。

 

科学的な根拠ははっきりしていないようですが、O型の人が分泌する体液が蚊に好まれるそうです。

 

ということで、蚊に刺されやすいランキングの断トツ1位はO型の人

 

 

蚊に刺されない対策

 

「蚊に刺されやすい体質」で書いた逆のことをすれば良いです。

 

汗をかいたらすぐに拭く、やせる、黒っぽい服装をしない。

蚊は、人の足からでる分泌液を好むので、足を露出させないか

虫よけスプレーを吹き付けておくことです。

 

ka3

 

寝ている部屋の対策では、これが効きます。

蚊がいなくなるスプレー

これ、マジで部屋に蚊がいなくなります。だまされたと思って試してみてください。

発売元は大日本除虫菊。そう蚊取り線香で有名なキンチョーです。

 

あとは、根本的な対策として、身の回りの蚊を減らすこと。

蚊の生息範囲は、15mほどのようなので、近くにボウフラが住める水源があるはずです。

バケツに水を入れっぱなしなどはないですか?

 

どうして痒くなるのか

まず、血を吸うのは産卵期のメスだけなんですね。

 

ふだんは、花の蜜や草の汁を吸って生きています。

卵を産むために、タンパク質が必要なので、仕方なく?血を吸うんです。

 

しかも、刺した時に痛みを感じないように、麻酔液を送ってくる心遣いもあると。

 

そういうことなら、吸ってもかまわんが。

 

なんですが・・

この液体は麻酔作用の他に、血が固まるのを防ぐ作用、色々な成分が含まれていて

これが、腫れやかゆみの原因になるそうです。

 

デング熱やマラリアなどを媒介するし、危険であることを理解しておいた方が良いですね。

今年の夏は、「デング熱」が発生しないことを祈ります。

 

関連記事

デング熱2015 世界の状況は?フランスのワクチンはどうなったか
蚊取り線香 煙式、リキッド式で効果があるのは?費用の比較も

 

-お役立ち
-, ,