バレーボール

バレーボールのチャレンジシステムってなに?

スポンサーリンク

最近のバレーボールの試合で、よく見かけるようになってきたチャレンジシステム

 

パッと見て、ビデオ判定なんだな

と分かりますが、明確なルールがわからない。

ちょっとまとめてみましょう。

challenge3

 

チャレンジシステムとは

チャレンジシステムとは?

不明瞭なジャッジに対してビデオ判定を要求できるシステム。

 

不明瞭なジャッジへの要求とは?

ボールのイン/アウト
ボールのアンテナ接触
ボールへのワンタッチ
タッチネット
バックアタックやサーブのライン踏み越し

審判!意義あり!

という場合に要求します。

 

要求の回数は?

要求の権利は1セットで2回まで

チャレンジが成功すれば、回数の消費は無し

チャレンジが失敗すれば、回数の消費あり

 

判定方法は?

コート周囲に設置されている10台程度のカメラで判定します。

これだけ多くの映像をチェックします。

判断するのは1~2分かかるのはうなずけますね。

 

ということで、だいたい名前からして、想像していた通りのシステムだったのではないでしょうか。

2013年くらいから、試験的に導入されてきました。

 

名目的には、「両チームに公平なジャッジを行うため」です。

 

バレーボールは、サッカーや野球に比べて、そう広くはないコートを主審、副審、線審2人

見ています。

 

あのスピードボールや、無回転で変化したボールが微妙に位置に落ちると

あ、イン。やっぱアウト。いやインかな・・

となる時は、ありますよね。

 

ブロックのワンタッチにしても、本当に指先に当たった場合は分からないでしょう。

人間の目ですから。

challenge

ワンタッチしたのに、監督がチャレンジを申告した時は、肩身が狭いでしょうね・・

 

 

この判定に異議を唱えるシステム。

 

いわば
審判の面目丸つぶれシステム

公平な立場でジャッジしている審判に対しては、こう言えなくもないですね。

 

 

その他のスポーツのチャレンジシステム

バレーボール以外にビデオ判定のシステムはあります。

とくに有名なのは、テニスではないでしょうか。

challenge2

 

コート周囲に10数台の「ホークアイ(鷹の目)」を設置して、ライン付近の微妙な判定を明らかにします。

こちらは、1セットにつき3回まで要求できます。

ビデオ判定後の、このきれいなCG映像が大画面に映ります。。

見たことがあるのではないでしょうか?

テニスの場合は、すでにエンターテイメント的な要素になっていますね。

 

その他にも
アメリカンフットボール
大相撲
野球
サッカー
ラグビー
ボクシング
柔道
スピードスケート
レスリング

などの競技で、ビデオ判定が導入されています。

 

スポーツは、審判が人間だから面白いという場面もあります。

正直、やってられん!ということもあります。

それが、自チームに有利になる事も、敵に有利になる事もありの勝負の世界。

 

ただ、現在は多くの競技に取り入られています。

このシステムの一長一短だと思いますね。

 

全ての審判が

公平な立場でジャッジしている審判

であれば、不要なシステムなのかもしれません。

-バレーボール
-