野球

サヨナラインフィールドフライで広島勝利 新井が悪い?いや球審が悪いでしょ

スポンサーリンク

5月4日の広島vs巨人戦で珍しいプレーで試合終了になりました。

それは、「サヨナラインフィールドフライ」

結果は3-2で広島が勝利しました。

ネットでは、「これは新井が悪いよ」の声が。

⇒ 新井が悪い原因の記事

 

いやいや、これは球審が悪いでしょ~

 

サヨナラインフィールドフライを画像で解説します。

 

サヨナラインフィールドフライ

 

9回広島の攻撃、ワンアウト満塁で、代打小窪。

ピッチャー付近に、内野フライを打ち上げました。

打球を追ったのは、1塁手フランシスコと3塁手村田。

 

ここで、球審ではなく、3塁塁審がインフィールドフライ宣告をしています。
sayonara4

 

インフィールドフライとは、簡単にいうと、塁に選手がいる場合に

内野フライを打ったら、捕球する前にアウトです。

わざと落として、ダブルプレーにするのを防ぐために。

 

ここで、フランシスコと村田が譲り合って落球してしまいます。

sayonara3

 

フランシスコがボールを拾って、ホームベースを踏みます。

sayonara2

満塁なので、通常のフライならホースアウト(タッチしないでOK)

しかし、インフィールドなのでタッチしないと、アウトになりません。

 

ここで球審はアウトを宣告していますが、間違い

sayonara

 

三塁走者の代走・野間がホームを踏んで、サヨナラ勝ち!!

 

ということになります。

 

球審がインフィールドフライを宣告するか、野手がフライを捕っていれば

なんの問題もないプレーなんですけどね。

通常は、だれか一人でもインフィールドフライを宣告すれば、他の審判も手をあげます。

 

ということで、新井が悪いでした。(ジャンプして喜んでいるのは新井)

arai2

 

 

前にもサヨナラインフィールドフライがあった

 

1991年6月5日大洋vs広島。

ここでも広島ですね~

 

2―2の同点で迎えた9回裏1死満塁。大洋はサヨナラのチャンスに6番清水義之。

谷球審は即座にインフィールドフライを宣告。

キャッチャーへのフェアフライを落球した広島・達川光男捕手はワンバウンドでこれを捕り、ホームベースを踏んだ後、一塁へ送球した。

 

今回と同じようなプレーですね。

これは、達川が悪い

 

これを記念して、サヨナラインフィールドフライTシャツが発売されます。

カープファンはチェック!!

関連記事:辛いさん 広島新井貴浩のツラゲ解説

-野球
-