ニケシュ・アローラ ソフトバンク副社長の年俸も結婚相手も桁外れ

 

ソフトバンクの代表取締役副社長のニケシュ・アローラさん。

孫正義社長がべた惚れだそうですが、どんな経歴?

それほどまでに優秀な人なのでしょうか。

 

ニケシュ・アローラさんとはどんな人?

年俸や結婚についても調べてみました。

 

arora

 

 

ニケシュ・アローラ プロフィール

生年月日 1968年2月9日
出身地  インドのウッタル・プラデーシュ州ガーズィヤーバード

 

まだ40代じゃないですか!

外国人の方の年齢はよくわからない。

 

肩書は「アメリカの実業家」ですが、インドの出身です。

 

インドの大学を卒業した後、アメリカの大学でMBA、金融学の博士号を取得。

証券会社Tモバイルヨーロッパを経て、2004年にグーグルに入社しました。

そして、CBO(最高事業責任者)にまで上り詰めました。

 

たった10年しか経っていないじゃないですか。

日本でいう「年功序列」など全くない世界なんですね。

 

アローラさんが入るまでのグーグルは、アメリカでの売り上げが7割を占めていました。

それを、ヨーロッパ、中東、アフリカなどの市場を開拓して

アメリカの売上げを抜いてしまったそうです。

 

これだけの実績をあげていれば、当たり前の話ですよね。

気になるその時の年俸は、61億円!

 

桁外れすぎ・・

そんな桁外れの人を、孫社長が引き抜いて後継者にしたというわけです。

少なくとも、この年俸以上という事ですよね。

もちろん、次期社長の条件も付けているのでしょう。

 

 

ニケシュ・アローラ 結婚

2014年7月に、10歳下の女性と再婚しています。

再婚ですね、前の奥さんとの間には子供がいるそうです。

arora2

 

お相手は、インドの財閥の令嬢で不動産会社のCEOを務めるアイシャ・タパールさん。

これは、お綺麗な方ですね。

アイシャ・タパールさんも再婚とのことです。

その結婚式の招待客のすごい事。

グーグル創始者のセルゲイ・ブリンさん、ラリー・ペイジさん、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグさん

ブラッド・ピット&アンジー夫妻などなど、顔の広さがハンパないです。

こんなダイナミックな男に、惚れてしまったんですね孫社長。

 

二人の出会い

二人の出会いといっても、ニケシュ・アローラさんと、奥様のアイシャ・タパールさんのことではありません。

ニケシュ・アローラさんと孫正義社長の出会い

 

それは、孫社長がグーグルに

「ヤフージャパンの検索エンジンを、グーグル製に切り替えたい」

と持ち込んだ時のようです。

 

あぁありましたよね。検索エンジンが変わった時期。

 

親会社の米ヤフーは、マイクロソフトの検索エンジンBingにすると決めていましたが、

孫社長は日本の状況を見て、「グーグル製にしたい」と行動しました。

 

このころから急接近して口説き落としたんだそうです。

こんな男を口説き落とせるなんて、どんなテクニックを持ってるんだ・・

 

すごいですね。孫社長。

よく、グーグル側もOKをだしましたよね。

 

こんな最強タッグが、どんな会社を社会を築いていくのか。

もうすでに、凡人には分からない世界が描けているんでしょう。

 

追記:2016年6月21日

6月22日の株主総会をもって副社長退任です。

孫社長はまだまだトップとしてやっていく。
アローラ副社長は数年のうちにトップに就くつもりだった。

このズレが原因のようですね。

 

-
-,