サッカー

奥川雅也 ザルツブルクへ移籍 海外の反応は上々 南野と争うのか?

スポンサーリンク

 

京都サンガFCの奥川雅也選手がオーストリアのザルツブルクへ移籍します。

ザルツブルクといえば、セレッソ大阪から移籍した南野拓実選手がいます。

二人ともポジションは、FWか、前目のMFですが

いきなりポジション争奪戦になるのか?

 

どうして、ザルツブルクに決めたのでしょう。

地元サポーターたちの反応も気になります。

 

「古都のネイマール」といわれるプレースタイルも見てみたいですよね?

動画もチェック!

 

 

奥川雅也(おくがわまさや)

生年月日 1996年4月14日
出身地  滋賀県甲賀市
身長   176 cm
体重   62 kg

okugawa2

奥川雅也 サッカー経歴

京都サンガFCのジュニアユース⇒ユース⇒トップチームと、京都サンガFC一筋です。

 

もちろん、サッカー日本代表(U17,U18、U19)。

U19アジア選手権に南野選手らとともに出場して、ベトナム戦ではゴールをあげています。

 

2014年10月。この頃はすでに、イングランドの強豪リバプールから完全移籍で正式オファーを受けていました。

同時にドイツのレバークーゼン、オーストリアのザルツブルクからもオファー。

 

この時は、京都サンガのフロントは
「彼は多くの方に支えられて京都で育てた選手。
京都のトップチームで活躍しないうちから、他クラブに出すわけにはいかない」

 

これはそうですよね。

特に、U15からずっと育ててきた愛着のある選手。

まだ、Jリーグの試合にも出場していないし

フロントもサポーターも「まだ早いよ!」と思っていたのでしょう。

okugawa

 

ザルツブルクに決めた理由

 

okugawa3

 

ザルツブルクに決めたのは
「充実した施設」
「若手を積極起用するクラブの方針」
とのこと。

 

超ビッグクラブのリバプールよりも、施設が気に入っちゃったみたいですね。

「若手を起用する」は、監督によるところも大きいでしょうが。

今のところ南野選手も出場していますし、その方針は継続しているのでしょう。

 

奥川雅也 海外の反応

向こうのサポーターは情報収取が早いですね。

すでに奥川選手の映像をチェックしています。

↓の映像確かにネイマールっぽい。DFが完全にふられています。

こんなの見たら、反応は上々でしょう

「なんて選手だ」
「動画を見たけど、凄い選手に見えるね」
「フィニッシュが滑らかで、スピードのあるウインガー。フリーキックのスペシャリストでもあるようだ」
「日本で最も有望な選手で将来のスター」

一方では

「怪我直後に欧州へ急いで行くのは危険だよ」
「労働許可証の問題をクリアできるか疑わしい」
「高額な移籍金で若い才能を失わないようにしてほしい」

 

奥川vs 南野になるのか?

ポジション的には、南野選手と被りますがどうなのでしょうか?

奥川選手は、右も左も苦にしないので、実力があれば同時スタメンもあるかもしれません。

ちなみに、南野選手は右サイドハーフで出場しています。

minamino

ただし。

ザルツブルクが完全移籍で獲得するので、ザルツブルクの選手ですが

京都へレンタルという形で、Jリーグに残る可能性もあるとのこと。

これだと、京都サポーターにとってはうれしい話でしょう。

 

2012年7月に、スイスのヤングボーイズに移籍した久保裕也選手も、この形だったのであり得ますね。

ちなにみ、この時の久保選手の移籍金は約5500万円。

今回の奥川選手の移籍金は1億円だそうです。

 

日本国内からは「もう少し、Jリーグで経験を積んだ方が良いのでは?」

という意見も多くみられます。

 

Jリーグの経験をしないで、海外へ渡った選手と言えば宮市亮選手(アーセナル)。

なかなか活躍ニュースを聞けませんね。

 

今、海外で活躍している選手は、みんなJリーグを経験していますが、

この前例を「古都のネイマール」は打破できるのでしょうか。

 

追記:

FCリーフェリング(オーストリア2部)へ期限付き移籍中です。

 

-サッカー
-,